0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-04-11 「パイナップル海老塩ラーメン」 [長年日記]

まんがライフ STORIA に連載中の「ラーメン大好き小泉さん」には、以前、蒙古タンメン中本の激辛「北極ラーメン」を紹介して貰いました。

Once, a running manga in the magazine "Manga-life STORIA", "Ms.Koizumi, she is a ramen lover" introduced a super ultra spicy ramen "Hokkyoku ramen" to me.

辛い時、悲しい時、そして、しんどい時、「北極ラーメン」は、私を暴力的に慰めてくれます。

When I feel rough, sad and tough for my work, "Hokkyoku ramen" is always likely to comfort me.

―― ラーメンは、一生の友人となり得る

"A ramen could become a friend for life."

を確信させてくれた一品でした。

It convinced me the above.

それ以後、「小泉さん」が紹介してくれるラーメンなら、必ず私は食す、と決めています。

After that, I decided that I make sure that I go to eat any ramen that Ms.Koizumi recommends.

それが、「小泉さん」に対する最大の謝辞と考えるからです。

Because I think that is the greatest thanks to her.

-----

で、今月の まんがライフ STORIA に掲載されたラーメンですが、

The ramen in the magazine was

「パイナップル海老塩ラーメン」

"A ramen with pine and shrimp"

うーん、そう来たか。いや、しかし、小泉さんが勧めるラーメンなのですから ――

However I didn't expect that way, it is a ramen Ms.Koizumi recommends....

「チョコ系ラーメン&つけ麺」、「アイスクリームラーメン」、「レモンラーメン」、「ナッツ&イチゴラーメン」

"Ramen with chocolate, ice-cream, lemons, nuts and strawberry...."

―― 正直、厳しいなぁ。

To be honest, it should be hard for me.

-----

いや、違うな。そうではないな。

No. That's not the case.

いいじゃないですか、個性派創作系ラーメン。

Original creative ramens, they are O.K. for me.

また一つ、江端のパラダイムが広がるってもんです。

They can expand my paradigm absolutely.

上手くいけば、コラム一本分のネタ、稼げるかもしれません。

I might be able to get a story of one column of mine, if it works.

「ラーメン大好き小泉さん」が勧めるラーメンであれば、当たろうが外れようが、それは食せねばなりません。

I engage in eating any ramens she loves even if they are not good.

-----

「パイナップル海老塩ラーメン」を調べてみたら、西荻窪駅近くにあるようです。

When I tried to check the "ramen with pine and shrimp", the shop is near Nishi-ogikubo station.

国分寺でもなく、秋葉原でもなく、そして池袋でもない。出張と絡めるのは、ちと難しい。

It is far from Kokubunzi, Akihabara and Ikebukuro, so it is difficult to go to the shop after Biz-trip.

では、週末だ。

So it is weekend.

「パイナップル海老塩ラーメン」を食べる為だけに、週末を使うというのも、大人の休日と言えましょう。

I am sure that it is a cool and luxury adult holiday, just to eat the ramen.