0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-04-19 ―― 世間様から、無条件の尊敬と畏怖を持って貰える、唯一の拠り所 [長年日記]

SF作家アーサー・C・クラークは、『充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない』と言っていますが、

An SF Author, Sir Arthur Charles Clarke, said that "Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.”

昔、『俺たちは、科学技術という宗教の坊さんだ』と看破された研究所の先輩がいました。

The old day, my predecessor in my laboratory have perceived that "we are monks in the technology field"

この先輩は、「つまるところ、技術も宗教も、『よく分からないけど、信じられている』という点では同じだ」とおっしゃっていたのだと思います。

I think that he wanted to tell me that both technology and religion come down to be same from the view of unknown and received.

ま、インターネットでもスマホでもGPSでも、「なんか知らないけど、凄い何か」で、その仕組みに対しては、

Certainly, Internet, Smart phone and GPS are beyond reach of imagination, but something excellent.

On the other hand, if someone wants to know the mechanism, we tell them

―― お前達は、そんなことは知らなくても良いんだ

"You don't have to know that"

―― お前達は、黙って「使っているだけ」でいいんだ

"All you have to do is to use it"

という思考形態は、教祖が信者に語るセリフと同じです。

The above concept is similar to the saying a guru tell believers.

-----

極端なことを言えば、「オウム真理教」と「iPhone」は同じ ―― というところまで拡張しても良いと思うのです。

Go to extremes, I think we can expand the concept to "both Aum Shinrikyo and iPhone are same".

私:『なぜ、私にはiPhoneの初期設定ができないのでしょうか』

"Why couldn't I of all people, make the initial setting of iPhone?"

アップル:『それは、お前のiPhoneに対する「愛」が足りないからだ』

"Because it is shortage of your love to iPhone"

と言われたら、グウの根も出ません。

The saying jumps down my throat.

実際、私、心の底から、本気で、疑いもなく

In fact, I think, no doubt, for real and at the bottom of my mind,

―― iPhone、死ねばいいのに

"iPhone must die"

と思っている一人ですから。

-----

さて、話を戻します。

Let me go to board.

「科学技術という宗教の坊さん」であるところの技術者や科学者達には、共通の教義(セントラルドグマ)というものがあります。

Engineers and scientists, who are monks in technology field, have the common central dogma.

その一つに、「データを改竄してはならない」というものがあります。

One of them is "never tamper with data".

なぜ、この教義があるかというと、改竄したデータからは同一の結果が得られないからです。つまり、再現性が得られない。

The significance of existence is to guarantee repeatability in order to get the same results from the same environments.

再現性が得られないと、その技術を「なんか知らないけど、凄い何か」にまで発展させることができません。

No repeatability, no making it to expand "something unknown but excellent".

「なんか知らないけど、凄い何か」という観念こそが、私たち「坊さん」が

The concept of "something unknown but excellent" is

―― 世間様から、無条件の尊敬と畏怖を持って貰える、唯一の拠り所

"The only recourse to get unconditional respect and awe from the world"

なのですから、これを脅かす全ての行為は、科学技術という名の宗教に対する、大反逆行為なのです。

So, all actions that threaten the above are big treason acts against religion whose name is "technology".

一般的に言えば、「データを見やすくする」「美しい見栄えにする」というのは、褒められるべき行為です。

Speaking in general, "it is easier to see the data," and "to look beautiful" are acts to be praised.

しかし、そのような行為が攻撃されるのは、前述の理由に因る訳です。

That is the reason why the acts are attacked by monks in the same protege.

-----

ただ、これは「宗派内部」の問題です。

However, this is a matter of "internal sect".

その宗派と関係のない外野である、その技術を「まるで理解していない」「下々の者達」が、偉そうに批判している様を、

I think that there are many engineers and scientists, who feel deeply unpleasant to see that some outsiders who don't understand the technology, have criticized patronizingly "the problems"

「実に不愉快」

と感じている技術者や科学者は、相当数がいると、私は思っています。