0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-02-22 ―― 完璧な技術英語になっているから [長年日記]

(Continuation from yesterday)

私たちは、英語に係る「ペラペラ」という形容詞(か副詞)に凄く弱いです。

We are longing for speaking English "pera-pera(fluency/fluent/fluently)" that might be adjective (or adverb).

「ペラペラ」は、確かにかっこいいようにも見えます

I agree that "Pera-pera" seems to be cool, absolutely.

ただ「ペラペラ」を実現するだけなら、昨日の「デタラメ英語」でも対応可能です。

Even if so, you can realize "Pera-pera" easily to use the deficient English, I told you yesterday,

なんたって、デタラメなのですから。

No matter what, it is deficient.

-----

しかし、私は仕事での「ペラペラ」は必ずしも必要ないと思います。

But I don't think that we need speaking English "pera-pera" on our work.

少くとも、私の仕事には「ペラペラ」は必要ないと思っています。

At least, my work doesn't need the "pera-pera"

ゆっくりと、ポツリポツリと英単語を並べるだけの英語は、理解しやすいですし、そして、そのような英会話は、

The English which is made by each word without grammar, and spoken slowly is understandable for me.

Above all, that is

―― 完璧な技術英語になっているから

"perfect technical English."

です。

無駄な形容詞がなく、無味乾燥な副詞が排除され、本質のみがゆっくりと語られる英語。

The English is no useless adjective, meaningless adverb, and provides us with the essence of conversation.

他の分野では知らないですが、私たちの技術の世界の人間にとっては、このような英語は、望まれています。

Though I don't know about the other field, for the person in technical field, like me, the English is hopeful,

-----

一度、この「ペラペラ」幻想から、離れてみるのもいいかもしれません。

You might forget this "Pera-pera" illusion, at least one.