0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-04-14 「千石撫子 無罪論」を主張する私に対して、次女と長女が「千石撫子 有罪論」の立場から反駁してきます。 [長年日記]

今、我が家では、西尾維新先生の著書である「囮物語」をテーマにしたトークが頻繁に行われています。

Now we, the Ebatas, are talking about "Otori-Monogatari" written by Nishio-Ishin sensei, frequently.

まあ、話題を振っているのは私なのですが、次女、長女が参戦して、熱い議論が交されています。

I give the topic to them, and both the second and first daughter try to join the debate, and exchange their opinions soundly.

「千石撫子 無罪論」を主張する私に対して、次女と長女が「千石撫子 有罪論」の立場から反駁してきます。

Though I claims "Sengoku-Nadeko is not guilty", they insist on claiming "Sengoku-Nadeko is guilty".

(勿論、法律的な罪の認定ではなく、道義的な罪の話です)

(Of course, this topic is not about legal action, but moral issue.)

-----

江端:「千石撫子が、『可愛い』という資質 ―― というか才能を持って生れてきたことは、千石撫子の責任ではなかろう? 外観は、本人の意志とは関係なく付与されてきてしまうものなのだから」

Ebata:"Doesn't she have a responsibility for her birth with "pretty" as one attribute of her ? Any appearance should not be blamed by anyone. Because nobody can control its appearance.

次女:「千石撫子が、自助努力を伴わない『可愛い』で、人生のメリットを享受していることは、狡いと思う。そのような女の子を、女の子は許せないよ」

The 2nd Daughter: "Sengoku-Nadeko is wiliness. She can get a lot of merits by not her efforts but her appearance. Any girls cannot tolerate her."

江端:「いや、待て待て。千石撫子がどのように評価されるかは、ここでは問題としていない。問題は、千石撫子が『可愛い』こと自体が、責めを受けるものであるか、ということだ」

Ebata:"Wait a minutes. It doesn't matter how Sengoku-Nadeko should be valued at this time. The problem is whether Sengoku-Nadeko should be blamed by her "pretty" appearance."

次女:「千石撫子は、『可愛い』ということ以外に、別段の努力を一切行うことなく、阿良々木の愛を得ようとしている。これは有罪だといって良いと思う」

2nd:"Sengoku Nadeko, who is "pretty", is going to have Araragi's heart without any efforts. We can say that she is guilty."

江端:「では反例を出す。世の中には、別段の努力を行うことなく、英語を使い熟せる人間がいる。このような人は、パパの勉強量の1/100も行うことなく、英語を使えることで、出生して、高いお金を稼ぎ、多くの人には得られない楽しい仕事が与えられる。パパは、このような人を羨しいとも、妬ましとも思う」

Ebata:"O.K. I am going to show you a counter example. There are some persons who can use English well without especial efforts. They study English less than 1/100 of me. and they can speak English fluently and are given a promotion, earn a lot of money and can get hard-to-find enjoyable and creative works. I envy them and feel jealous."

次女:「・・・」

2nd:"..."

江端:「しかし、だからと言って『英語に愛される人』が、持って生まれた『英語に愛される才能』が故に、罪があるとは思わない」

Ebata: It's not that they are guilty because they are loved by English by their potential.

(続く)

(To be continued)