0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-06-06 『江端さん、今回も素晴しいです。どうしたらこんなに凄い作品が書けるのですか。毎回も心服したとした言葉がありません。皆が江端さんに心酔するのは当然ですよ。江端さんは私達の誇りです。ところで・・・』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

まあ、なんの忖度(そんたく)もなく、私の襟首を掴んで、批判の嵐の中に突入します。

They don't hesitate to take me the storm of criticism with grabbing me by the collar.

そこには、創作者であり、サラリーマンとしての上長である私への敬意のかけらも見られません。

There is no respect to me who is a creator and their boss in the company.

数値の矛盾を付き、破綻した論理を探しだし、私が組み立てた結論をひっくり返すことに全く躊躇がありません。

They point out the contradiction, find out the failed logic, and don't hesitate really to scatter the conclusion I have made up.

加えて、それには足りずに、私の思考形態や価値観にまで、ずけずけと手を突っ込んできます。

In addition, they speak bluntly about my way of thinking and sense of value.

企業研究員として長期に渡って鍛えられた徹底的な検証の技と批判精神から、サラリーマンとしてのヒエラルヒーを開放してやると、

They have been an trained institutional researchers who have the skill and criticism mind of thorough inspection. So If I make them lose their burden of co-worker,

―― 彼らが「完成」します。

they come to complete themselves.

-----

江端:「もう少し、優しく批判はできんもんかなぁ。腐っても、私は君らの会社の先輩で、上長に相当する人間だろう?」

Ebata:"Why don't you criticise my works more kindly ? You know that there is a saying "an old eagle is better than a young crow". I am your senior and equivalent to the boss.

後輩:「江端さんは、一体、私達に何を期待しているんですか? 私達は、私達を選んだ江端さんが期待している通りのことを行っているという自負がありますよ」

Junior:"Ebata-san, what are you expecting for us? We presume that we has pride and responsibility as a reviewer, you are expecting for.

江端:「うん、それは分かっているし、実際その通りだから、他の人間なら決して許さないような無礼なインタフェースを、君たちに限って認容しているんだが・・・。それに、君たちの価値を最大に発揮させる為には、これしか方法はないとも思っているんだが・・・」

Ebata:"I know well that you are right. So I allow only you to use the worst words with rude manner. and I also know that this is the only way to let your value maximum.

後輩:「ふーん。そうですか。では、こうしましょうか。

Junior: Well, let me see. How about using regular phrase before our criticism,

『江端さん、今回も素晴しいです。どうしたらこんなに凄い作品が書けるのですか。毎回も心服したとした言葉がありません。皆が江端さんに心酔するのは当然ですよ。江端さんは私達の誇りです。ところで・・・』

Ebata-san, this your work is also splendid. How can you write so great work? I have no words without "I had a deep respect to you". It is natural that everybody adores Ebata-san. You are our pride. By the way, it is.....

という、枕言葉を付けてから、私達の批評を開始するようにしましょうか?」

江端:「なんか、それも腹立つな・・・」

Ebata:"I am also totally disgusted with that..."