0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-11-14 そろそろ「彼」が、『江端に利用されている』ということに気がつき始めたようです。 [長年日記]

私のコラム連載では、文章の付録に「レビューア」のコメントを付けることがあります。

In my column serialisation, I often add a comment of "reviewer" as an appendix.

いわゆる

It is

―― 「無礼な後輩シリーズ」

"arrogant junior fellow", so called.

です。

私としては、こんなシリーズ、とっとと止めたいのですが、不思議なことに、

For me, I want to stop this series as soon as possible, however, strange to say,

■編集部に人気がある

It is popular for the editorial office

■冒頭と「無礼な後輩シリーズ」だけを読む、という(随分な)読者がいる、

There are some readers who read only the first part and this "arrogant junior fellow".

■ネガティブコメントのツイートが来なくなる

Few negative comment is coming.

という効果もある為、なかなか止められないという背景があります。

For the effectiveness of the above, I cannot decide stopping the series.

なにしろ、彼はボロクソに私のコラムを酷評するものですから、読者(の中でも、特に不愉快な気分になった人)は、『溜飲が下がる』という効果もあるのかもしれません。

You know, his criticism has been extreme so much. so some reader who might feel complaining of my columns might feel heartily gratified.

-----

まあ、私も、最近は、このシリーズを使って、私が書き切れなかったことを、「彼にしゃべらせる」という演出もやっているのですが、

For me, I have used his criticism for my opinions with his tongue recently, though

そろそろ「彼」が、『江端に利用されている』ということに気がつき始めたようです。

he becomes to notice that "Ebata makes use of him well" day by day.

ついに、無礼な後輩から、「無礼な後輩シリーズ」のレビューまで要求されるようになりました。

At last, he is going to ask me to submit the pages of "arrogant junior fellow" to him.

本文で一回レビューされた上に、さらにもう一度、「無礼な後輩シリーズ」も、無礼な後輩にレビューされることになったのです。

Now I have to submit the draft of my column to him twice. for not only the original but also the appendix

―― 面倒くさいなぁ

"That's a bother."

と思うのですが、仕方がありません。

But it cannot be helped.

-----

で、先程、「無礼な後輩シリーズ」をレビューした無礼な後輩から電話が来ました。

I have just been called from the "arrogant junior fellow" after reviewing the draft.

―― なんだ、江端さん。ちゃんと書けるじゃないですか。見直しましたよ

"Ebata-san, you could get it right. I think better of you than I did before."

と、相変らず彼は、無礼な後輩コメントを、無礼なままに語る、無礼な後輩でした。

As usual, he was a "arrogant junior fellow" with speaking arrogant comments by the look of arrogant.