0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-07-14 ―― あ、そういうことか [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

モデルベース開発、デジタルツイン、まあ、色々な言われ方をしますが、つまるところ「シミュレータ」です。

"Development of model base", "Digital twin" for example, they are called with several way, however they are "simulator".

Last month, I made a simple easy simulator for train injure. and I confirmed that

■到着遅延時間が、事故の復旧時間に比例する

- "Delay time" is in promotion of recovery time of the train injure.

■事故の損害額が、事故の復旧時間の二乗に比例する

- "Amount of damager" is in promotion of square of recovery time of the train injure.

なんてことは、考えてみたら、当たり前のような結果なのですが、これも、コンピュータの中で電車を走らせて、事故らせてみて、

On second thought, this results are natural, however, in this case, after watchint simulator's output, I noticed them and, said

―― あ、そういうことか

"I see"

と、気がつくものなんですよね。

私が、これまでも、100年後の日本の人口予測 とか、地球温暖化の予測 とかを、『専門家による、予測結果が腐るほどあるのにも関わらず』に、敢えて実施してきた理由は、

As before, I simulated "predition of population in Jaoan next 100 years" and "predition of global warming". even there were a lot of predition data in the Internet,

その専門家の見解を疑っている訳ではないのです。

I don't believe the specialist opinions but

私が、シミュレータを作ることで、その現象を深く理解することができるからです。

I believe that I can understand the phenomenon deeply in making the simulator.

コンピュータの中に仮想の環境を作り出す為には、必要最低限のパラメータの全て組み込まないと、シミュレータは、動き出さないか、動いてもとんでもない結果を吐き出してしまいます。

In order to make a same phenomenon in a computer, I have to embed bare minimum of parameter in the simulation. If not, the simulator doesn't start to work well, or put nonsensical values out.

逆に言えば、シミュレータが概ね妥当な結果を出しているということは、

「私が現象を、(概ね)正しく理解していること」

の、一つの傍証になる、と思うのです。

On the contrary, I think that it is a proof that I can almost understand the phenomenon correctly if the simulator output reasonable values.

(続く)

(To be continued)