0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

2018-03-28 「『逃げる』か『壊す』」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

長女:「じゃあ、パパ自身は、自分の人生をどう生きているの?」

SD:"Well, how do you live your life?"

江端:「パパは、目の前にある問題を解決する為だけに、毎日ただ走り回っているだけだよ。『叶えたい夢』なんて、特にないよ」

Ebata:"I am just running about to finish the job before me. I don't have any special "future dream".

長女:「人生に目標なんかなくてもいいの?」

SD:"Purposes of life are not indispensable, are they?"

江端:「なくてもいい。『人生の目標』なんぞは、自分を苦しめるだけだと思う」

Ebata:"Unnecessary is O.K. Such purposes are going to make you suffer"

長女:「パパって、結構、色々なことをアクティブにやっていると思うけどなぁ」

SD:"I think you are doing many works actively at the same time."

江端:「色々なことに首をつっこんでいるだけだ」

Ebata:"I just involve a lot"

長女:「なんで、わざわざそんな面倒なことを・・・」

SD:"Why do you want to do such difficulties so much?"

江端:「『苦労』というのは結構な苦痛だけど、『暇』というのもそこそこ苦痛だから」

Ebata:"Certainly, "burden" gives me keen pains, however, "off hour" is also painful.

長女:「・・・」

SD:"..."

江端:「もちろん、『暇』の考え方には、かなりの個人差があるから、自分でコントロールしないとダメだけど」

Ebata:"Of course, it differs greatly in individuals. So we have to control "off hour" by ourselves."

-----

長女:「私は、あまり色々なことはしたくないなぁ。色々なことをすれば、人と関わらなければならないし、人と関わると、人から傷つけることも多くなるから」

SD:"I don't want to do much. If I do something, I have to be involved by others. If I am involved by others, I may be hurt by the others.

江端:「それも、一つの選択だと思う。でも『人と関わらない生き方』なんて、山ほどあると思うけどな」

Ebata:"It might be good. However, I think there are a pile of way of "living alone"."

長女:「そう?」

SD:"Really?"

江端:「パパの生き方は、その典型例の一つだと思っている」

Ebata:"I think that my life is an example."

長女:「そうかぁ?」

SD:"REALLY?"

江端:「パパにとって、会社や町内会という組織は『システム』だし、そこに属する人間は『システム構成要素』であって人ではない。―― そして、これが一番大事なところだけど」

Ebata:"For me, both a company and a neighborhood association are just "systems", and the persons who involve the system, are just "system elements. In addition, this is the most important point..."

長女:「?」

SD:"?"

江端:「パパは、自分で『システム』や『システム構成要素』をコントロールできないし、コントロールしたいとも思ったこともない」

Ebata:"I have never thought that I can control the "systems" and "elements" and I want to control them."

長女:「はあ」

SD:"Uh-huh"

江端:「パパが、人として真摯に真剣に接しているのは、ぶっちゃけ『お前たち(家族)だけ』だ」

Ebata:"I can tell you that it is "you" I have contacted sincerely and seriously."

長女:「・・・」

SD:"..."

-----

江端:「しかし、それでも『システム』や『システム構成要素』が、私の問題解決を邪魔するモノとして存在することもある。そんな時は・・・」

Ebata:"However, sometimes, the "systems" and "elements" becomes my obstacles against resolving my problems. In that case..."

長女:「そんな時は?」

SD:"In that case?"

江端:「『逃げる』か『壊す』」

江端:" "Run away from it" or "destroy it" ".