0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-10-01 ―― 江端宗 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

つまり、

It means,

『現在の日本における仏式の葬儀は、ゴーダマさんの教えをシード(種)としながらも、ゴーダマさんが想定もしていなかった、後発的な二次創作の内容に基づいて実施されている』

"The current Buddha style funeral in Japan, while setting the teachings of Mr. Goudama Siddhartha as a seed, is being carried out based on the content of the secondary secondary creation which Goudama did not even assume "

ということです。

つまり、

In other words,

(1)ゴーダマさんの教えによれば、

(1) According to teaching of Goudama Siddhartha,

『人間は皆死ぬ。その現実を受けいれて、過剰に悲しまないで、自分の人生を生きろ』

"All human beings die. Accept that reality, live your life without excessive sorrow "

であり、

(2)仏教の教え(儀式プロトコル)によれば、

(2) According to Buddhist teachings (ritual protocols)

『人間は皆死ぬ。故に故人のことを忘れない為に、各種の仏式の儀式を果てしなく繰り返せ』

"All human beings die. Therefore, in order not to forget the deceased, repeat various Buddhist ceremonies endlessly "

です。

しかし、これは、明らかなダブルスタンダードです。

But this is an obvious double standard.

しかも、こともあろうに、上記(2)の儀式の中で、上記(1)の説法がなされています。

Besides, as the case may be, the explanation of the above (1) is done in the ritual of the above (2).

これは、

this is,

―― 矛盾の中の矛盾、「キングオブ矛盾」

"Contradiction in Contradiction, "King of Contradiction""

と言えるものになっている、と私には思えるのです。

I think that it cannot be hepled.

(まあ、この辺は、宗教のビジネスモデルから語ると比較的説明しやすいのですが、今回は止めておきます)

Well, this topic is relatively easy to explain from the business model of religion, but I will stop it this time.

-----

結論として、私たちには、

In conclusion, I think that we can have

■自分の生き方に「自己決定権」があるように、自分の死に方も「自己決定権」があり、

- "self-determination right" as to how to die, in addition, "self-determination right" in our way of life,

さらには、

Furthermore,

■自分の死後の取り扱われ方にも「自己決定権」がある

- "self-determination rights" as to how to handle ourselves after my death,

と考えて良いと思うのです。

これらのを纏めたものが、教義であり、それを記載したものが経典となるのだと思います。

To summarize these, it becomes doctrinal, and if it is described it becomes a scripture.

-----

ここで、ふと気がつきました。

Here, I suddenly noticed.

■私が、毎日書き続けてるこの日記は、その内容が教義であり、この日記が経典ではないか

"This diary I write continuously every day, is a doctrine, and scripture"

■私は、図らずも、「私の」「私による」「私の為だけの」宗教を作っていたのではないか

"Accidentally I have established a new religion of me, by me, for me.

ならば、私は、ここに、

Then, I, here,

―― 江端宗

"Ebata sect"

という、新しい宗派を宣言したいと思います。

that I will declear the launch of a new sect.