0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-11-10 コンテンツを広めていくものは、宣伝でも、広告でもなく、そのコンテンツを勧める人物の「人となり」である、と実感しています。 [長年日記]

20年くらい前の話です。

It is a story about 20 years ago.

私は、後輩の女性研究員と組んで仕事をしていた時期がありました。

There was a period when I worked with a junior female researcher.

彼女とは、色々な話をしたのですが、特に、宮部みゆきさんの著書「火車」の話で、異様なテンションで盛り上がったのを覚えています。

I talked with her a lot. Especially, in the story of Miyuki Miyabe's book "Kasha", I remember being raised with strange tension.

She: "By the way, Ebata-san, do you know "BANANA FISH"?"

江端:「いや。著者は日本人?」

Ebata: "No, is the author a Japanese?"

彼女:「日本人のコミックです。必ず読んで下さいね」

She: "It's a Japanese comic, be sure to read"

と、言われて、『BANANA FISH』の話は、その時限りとなりました。

After that, the talk about "BANANA FISH" was limited to that time.

そして、私は、その後1年くらい、そのことをすっかり忘れていました。

And, I forgot it for a year.

-----

ある日のこと、古本屋で、『BANANA FISH』の古書を手にして、何気なく第1巻を購入し、まあ、最初は、それほどの感慨を持たずに読んでいました。

One day, at the secondhand bookstore, we purchased the first volume of used "BANANA FISH". And at the beginning, I was reading with not much emotion.

その後、加速的に購入を重ね、嫁さんを巻き込んで、『BANANA FISH』は、江端家の大ブームとなりました。

After that, I repeatedly purchase it acceleratingly, involving her wife, and "BANANA FISH" became a big boom of the Ebata family.

今、江端家の永久保存コミックとなっています。

Now, these books have become eternal preservation comics of the Ebatas.

-----

I mentioned content harassment (Concara) in the past.

コンテンツを広めていくものは、宣伝でも、広告でもなく、そのコンテンツを勧める人物の「人となり」である、と実感しています。

I realize that what is going to spread the content is not "advertisement" or "advertisement" but "personality" of the person who recommends the content.

信頼できるパートナーであった彼女の、たった一度の、たった一言の『BANANA FISH』で、江端家は、貴重なコンテンツを得ることになったのです。

With only one word of "BANANA FISH" only one time from my trustworthy partner, the Ebatas got valuable content.

-----

『BANANA FISH』は、現在アニメで放映中です。

"BANANA FISH" is currently being aired on animation.

このアニメは、原作をきちんと再現した、良心的な作品で、とても好感が持てます。

This animation has reproduced the original correctly with a conscientious work, so I can feel good.

それでも、私は、コミックを読んだ時の、とてつもない非日常に戦慄し、涙が止まらなくなるほどの感動を再現することが、どうしても、できないのです。

However now I cannot restage of trembling in tremendous extraordinary life and feeling tears keep filling my eyes, when I read comics at the first time.

-----

以前も申し上げましたが、

I have already told you that

『作品(コンテンツ)というのは、その作品に接したその時点の、

the evaluation of a work (content) may change, at that point of contact with the work,

年齢、自分の知識や嗜好の度合い、読解力、時代背景、下手すれば、天気とか季節によってですら、

their age, degree of their knowledge and preference, reading comprehension, era background, even by weather and season,

評価が変わることがあります』

の、具体例だと思います。

I think that this is a easy example.

-----

私は、この日記を読んで下さっている皆さんが、

I hope that you who are reading this diary, will have a chance,

一番大切な本を、

the most important book,

一番大切な時に、

at the most important time,

一番大切な人から勧められることを、

will be recommended by the most important person,

心の底から祈っております。

at the bottom of my heart.