0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2019-01-29 「『報復』―― この一択だ」 [長年日記]

先日、長女から、『パパは、腹が立ったとき、どう対処している?』と相談されました。

The other day, my daughter asked me "what do you set your mind when you get angry?"

-----

我が家では、

In my family, the information of

「会社での不快な言動をする奴」と、

"unpleasant behavior of the worker at the company"

「バイト先の店長の不快な言動」と、

"unpleasant behavior of the store manager at part-time job"

「接客した客の不愉快な言動」と、

"unpleasant behavior of customers who have been served"

「学校での自己中心の奴の不愉快な言動」と、

"unpleasant behavior of self-centered guy's at school"

の情報を、相互に交換するというイベントが、不定期に発生します(盛り上がります)。

has been exchanged irregularly(It is exciting us).

そして、御互いの「怒り」を共有しあうことで、家族間コミュニケーションを図っています。

And, by sharing mutual "anger", we are trying to communicate with each other.

我が家のプラットフォームは、

Our plathome seems to be established by sharing of

「愛」や「思いやり」や「優しさ」の共有ではなく、

not "love","compassionate" and "kindness"

「憎悪」や「理不尽」や「怒り」の共有で

but "hatred", "unreasonable" and "anger"

構築されているようです。

もちろん、これは家長(私)の性格に、強く依存していることは言うまでもありません。

Of course, it goes without saying that this depends strongly on the character of the patriarch (me).

-----

江端:「怒りはコントロールできない。『アンガーコントロール』という言葉は、少なくともパパにとっては、空虚な言葉だ」

Ebata: "I can not control anger, the word "Anger control" is at least an empty word for me."

長女:「そうなの?」

Eldest Daughter(ED): "Is that so?"

江端:「『アンガーコントロール』そのものを否定はしないけど、『世の中には、アンガーコントロールができる人がいるかもしれない』が正しい」

Ebata: "I do not deny "Anger control" itself, but it is correct that "there are some people who can control Anger in the world"

長女:「本当?」

ED:"Really?"

江端:「『アンガー(怒り)』をコントロールできる、という考え方は、多くの人を傷つけることさえある、と思っている」

Ebata: "I believe that the idea of being able to control "Anger" may even hurt many people."

長女:「というと?」

ED:"What does it mean?"

江端:「それができない『自分』に『責任』があるという、主客転倒の、自罰的な考えを発生させるから」

Ebata: "It will make us generate a self-disciplinary idea of turning the tables, for example, "I have to have "responsibility" in "myself" because I can not do it".

長女:「私は、長いこと『怒りを制御できないのは、自分の能力不足』だと思っていたよ」

ED: "I thought that "I can not control anger, because of my lack of ability" for a long time.

江端:「断じて違う。そんなもん、『アンガー(怒り)を発生させる奴が悪い』に決っているだろうが。なんで、そんな奴の為に、なぜ、私達がその責任や義務や負わされなければならないんだ」

Ebata: "Absolutely NOT. "The person who generates Anger (anger) is bad" is correct. Why should I bear the responsibility and obligation of the anger ?"

長女:「じゃあ、パパは、腹が立ったとき、どう対処するの」

ED: "Well, how about when you get angry?"

江端:「やり方は色々あるし、複雑な計算も必要となるし、また、バランスなども考慮しなければならないけど、やることは一つだ」

Ebata: "There are a variety of ways and complicated calculations are needed, and I also have to consider the balance, however what I have do, is one."

長女:「何?」

SD:"What?"

江端:「『報復』―― この一択だ」

Ebata: "Revenge" - this is an option"