0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-02-24 しかし、『あなたたち』が、『私たち』と同じ方向を向く必要はありません。 [長年日記]

娘が、友人と、お隣の国(半島)の首都に旅行に出かけて、先日帰国しました。

My daughter went on a trip with her friend to the capital of the neighboring country (peninsula), and she came back to Japan the other day.

見るものが珍しくて、食べ物が美味しくて、少しだけ現地の言葉を使って、旅行中、親切にして貰ったそうです。

She said that everything was unusual, the foods were delicious, trying to use a little local language, and the local people were kind during the trip.

-----

最近の私は、お隣の国の情報を、Googleかテレビのニュースでしか見ていません。

Recently I have been watching information on my neighbor's country only on Google or TV news.

意図せずとも、そのようなニュース媒体でしか世界を知ることのできない私たちは、―― 心理的な狭窄視野 ―― になってしまいます。

Without intention, we, who can only know the world with such news media - become a psychological narrowing view.

自分の意思によって行動しない限り、誰もがこの「狭窄視野」になります。

As long as we do not act according to our own intention, we becomes this "narrowing view".

故に、社会人となり、そして年寄りになればなるほど、この傾向が顕著になります。

Therefore, the more social and the older we become, the more pronounced this trend will be.

フットワークが悪くなるからです。

It is because our footwork becomes bad.

-----

だから、私は、大真面目に、若い人(特に社会人になる前の学生さん)に期待しています。

That is why I look forward to a young person (especially a student before becoming a society), seriously.

頭脳や知性の優劣なんかよりも、フットワークの軽さや、異国の空気を肌で感じられる人間が、たくさん必要になると思います。

I think that a lot of human beings who can feel the light footwork and foreign air by the skin will be necessary, than the superiority or brains of brains and intellect.

なにも「世界を歩いてこい」などと、説教じみたことは言いません。

I do not say anything preaching, "You are walking around the world"

私は、「少しでも、ちょっとでもいいから、ここ(日本)から離れる」ことを提案します。

I'd propose "to leave here (Japan), even if a little".

そして、それ以上の要求はしません。

And I will not make any further requests.

-----

部屋の中や電車の中で、パソコンやスマホを使ってネットニュースを読んで、それを簡単に受けいれて、それを自分の都合の良いように自分の心の中で改竄(かいざん)する ――

In the room or on the train, just reading the net news using a personal computer or smartphone, accepting them without questions, and tampering with it in your own mind as convenient for you -

そんなことは、

For such a thing,

■頭が衰え、

Intelligence declines

■体の自由が効かなくなり、

- body does not move freely,

■新しいパラダイムを受け入れることができなくなり、

- heart can not accept the new paradigm,

■すっかり柔軟性を失った

- spirit totally lost flexibility

『私たち』に任せておけばいいのです。

You should leave the above to us.

-----

しかし、『あなたたち』が、『私たち』と同じ方向を向く必要はありません。

However, "you" do not have to face the same direction as "we".

なぜなら、いずれは、『あなたたち』も、頭が衰え、体の自由が効かなくなり、新しいコンセプトを受け入れなくなる ――

Because you will also lose intelligence, healthy body and accepting a new concept.

若いあなたにも、その時は必ずやってくる。

Even if you are young, the time surely comes.

でも、それは、今じゃない。

But it is not now.

Googleかテレビのニュースなどではない、自分の目と耳と肌で何かを感じてきて、「それ」を、私たちに伝えて欲しいのです。

I would like you to feel something with your eyes, ears and skin, and tell us "it", not using Google or television news, and

「それ」は、良いものでも、悪いものでも、憎悪でも、親愛でも、あるいは「何の感慨もない」でも、なんだって構いません。

"It" does not matter whatever is good, bad, hatred, dear, or "I do not feel anything".

私からの、心の底からのお願いです。

It is a request from the bottom of my heart from me.

今の「私たち」には、「あなたたち」の「それ」が、本当に必要なのです。

"It" of yours, is really necessary for "us".