0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2019-09-18 最近、「ゴキブリと闘えない男」が増えているそうです ―― 正確に言うと「ゴキブリから全力で逃げ回る男」。 [長年日記]

トランスジェンダーの時代です。

Now it is an age of transgender.

「男らしく」「女らしく」という言葉は、徐々に忌避されていくと思います。

I think that the words "manish" and "feminine" will gradually be avoided.

男は電気配線や自宅のメンテナンスできなければならず、女は料理と洗濯と掃除ができなければならない ―― という言い方は、ナンセンスになります(なっています)。

Men must be able to maintain electrical wiring and home equipments, and women must be able to cook, wash and clean --- these phrase has been nonsenses.

ぶちゃけていうと、もっと「キツい時代」です。

To tell you the truth, it is much harder time.

―― ジェンダーに関係なく、誰もが、電気配線も、自宅のメンテナンスも、料理も、洗濯も、掃除もできなければならない

"Regardless of gender, everyone should be able to do electrical wiring, home maintenance, cooking, washing and cleaning"

という時代になりつつあります。

That age is coming now.

There is an urgent need to make "wiring studies" mandatory and to make required examination subjects.

「だから」という訳でもないですが、先日、次女に「電動ノコギリ」と「電動ドライバ」で、木ネジを基本とする、木工工作のやり方を教えていました。

That's not the reason, but the other day I was teaching my second daughter how to do woodworking based on wood screws with an electric saw and an electric driver.

なんでも、文化祭の出し物に必要な器具を作るそうです ―― サイズが4メートル x 2.5メートル x 1.0メトルの。

She said that she will make the necessary equipment for cultural festival offerings whose size is 4 meters x 2.5 meters x 1.0 meters.

なかなか『男前』な仕事です。

It's quite a "male job".

そして、『男前』という言葉を使った時点で、ここまでの私の主張は、台無しです。

And when I use the word "male job", my claims so far are ruined.

-----

トランスジェンダーの時代ではありますが、既存の意識を一気に変えるのは難しいですし、私も、意識改革に「大きな苦労」はしたくありません。

Although it is in the age of transgender, it is difficult to change existing consciousness all at once, and I do not want to make a "big effort" in changing consciousness.

努力して、少しずつ自分を変えていきますので、長い目で、暖く見守って下さい。

I will try to change myself little by little, so please watch me warmly in the long run.

それはさておき。

Aside from that.

-----

最近、「ゴキブリと闘えない男」が増えているそうです ―― 正確に言うと「ゴキブリから全力で逃げ回る男」。

Recently, the number of "men who cannot fight cockroaches" is increasing. To be precise, it is "a man who runs away from cockroaches with full force"

私は、ゴキブリを見ると、脊髄反射的に狩猟本能が発動するタイプです。

When I look at cockroaches, my hunting instinct is reflexively activated.

あるいは、この本能は「育ってきた環境」に因るものかもしれません。

Or, this instinct may be attributed to the my "grown environment".

子どものころ、実家でゴキブリは普通に視認できましたし、新聞丸めて、床を叩きまくっていたのは「母」でした。

When I was a child, cockroaches were normally visible at my parents home, and it was my mother who rolled up the newspaper and beat the floor.

トランスジェンダーの観点から言えば、「ゴキブリと闘えない男」という言い方は失当ですし、上記の環境説に基づけば、「仕方がない」とも言えます。

From a transgender perspective, the phrase "a man who cannot fight cockroaches" is unfair. Based on the above environmental theory, I think it can't be helped.

しかし、一家に一人は、「ゴキブリと闘う戦闘員」を配置しておく必要はあると思います。

However, I think it is necessary for each family to have a "fighter against cockroaches".

家庭が機能しなくなるからです。

This is because the home does not work well.

実際に、我が家では、仕事中の私に家族から『ゴキブリ発見に基づく帰宅命令』が発令されます(本当)。

In fact, my family order me "to return home because of the discovery of cockroaches(it is true).

つまりジェンダーに関係なく「対ゴキブリ対戦兵器」の能力を有することには、価値があるのです。

In other words, it is valuable to have the ability to fight against cockroaches regardless of gender.

-----

そこで提案ですが、

So there is a suggestion.

―― ゴキブリと闘える

"Capability of Fighting against cockroaches"

ということを、婚活イベントのメイントピックにする、というのはいかがでしょうか。

How do you like to make it as a main topic of marriage activities ?

「ゴキブリと闘える男」と「ゴキブリと闘えない女」のマッチングは、従来通りに普通に成立するでしょう。

The pair of a man who can fight cockroaches and a woman who cannot fight cockroaches, is going to set normally.

しかし、「ゴキブリと闘えない男」の登場によって、ターゲットがシフトしているかもしれません。

However the appearance of "a man who cannot fight cockroaches" might shift the target.

つまり、「ゴキブリと闘える女」は、これからの婚活市場において、高い価値を発揮するだろうと思うのです ――

That means, the value of "a woman who can fight cockroaches" is going up in the marriage activities markets,

トランズジェンダー的観点はさておき。

once we will forget a view of transgender.