0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2019-12-23 ―― 剛速球の練習しかやっていなかったバッターが、変化球に全く対応できなかった [長年日記]

先週、実家に戻った時、CoCo壱番屋の7辛(最大10辛)のカレーを、普通に食べてきました。

Last week, when I returned to my parents' house, I ate a 7 spicy (up to 10 spicy) curries from CoCo Ichibanya.

はっきり言って、私の作るカレーの方が辛い。

To be clear, my curry is harder.

多分、今の私はCoCo壱番屋の10辛でも、美味しく食べることができる自信があります。

Maybe now, I am confident that I can eat deliciously even the 10 spices of CoCo Ichibanya.

—— 国内で、私の敵はもういない(敵ってだれだ?)

"My enemy is no longer in the country (who is the enemy?)"

と、思っていました。

I thought that.

-----

ところが、先日、「一風堂からか麺」の激辛を頼んだのですが、その辛さに、「ラーメンの汁を残す」という、無惨な敗北を味わいました。

However, the other day, I asked for the hot spicy of "Ippudo Karakamen". Due to the spiciness, I was defeated miserably, "leave the ramen juice."

そこで、私なりに分析を試みました。

So I tried the analysis about the reason.

■辣(ラー):トウガラシなどの熱をともなう辛味

Sharp: Pungency with heat such as pepper

これについては、もう私は、国内最強レベルだと思います(思っているだけかもしれませんが)

I think I am on the strongest level in the country (I may just think it)

■麻(マー):サンショウなどのしびれる辛味

Numb: pungency such as zanthoxylum

今回の敗因は、これにあるのではないかと思うのです。

I think this is the reason for the loss.

辣と麻を合成された辛みだったように思いますが、そのような変化球のような辛みには、まったく対応できなかった、と、分析しています。

I think it was a spicy combination of sharp and numb, and I analyzed that I couldn't cope with the pain of such a changing ball at all.

いわば、

In other words, I think that

―― 剛速球の練習しかやっていなかったバッターが、変化球に全く対応できなかった

A batter who only practiced fastballs could not cope with changing balls at all

という感じです。

-----

まだまだ、私は甘いな ―― と、文字通り自分の「甘さ」を猛省し、今後も「辛道」に精進するつもりです。

I'm still naive, I'm going to devote myself to "naive" and continue to devote myself to "spicy roads".