0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2012-04-08 『将を射んと欲すれば「将」を射よ』

『将を射んと欲すれば先ず馬を射よ』

大きな目的を達するには、それに直接あたるより、周辺から攻めるのが良いという諺(ことわざ)です。

これは、恋愛でも良く語らせます。

本命の彼女、彼氏から攻めるのではなく、友人、両親から、徐々に攻める方が良いという、恋愛戦略として語られますが ――

―― 嘘っぱちです。

他のことは知りませんが、こと恋愛に関しては。

『将を射んと欲すれば「将」を射よ』

が正しい。

-----

いわゆる「ご両親」に対する演技では、どこでも100%の評価を得ていた私です(私は、その気になれば、抜群のインターフェースを発揮できる)。

が、「ご両親」に気に入られることは何の意味のない、というあたりまえのことに気がつくのに、私は、呆れるほど時間がかかったのです。

『将を射んと欲すれば先ず馬を射よ』

大きな目的を達するには、それに直接あたるより、周辺から攻めるのが良いという諺(ことわざ)です。

これは、恋愛でも良く語らせます。

本命の彼女、彼氏から攻めるのではなく、友人、両親から、徐々に攻める方が良いという、恋愛戦略として語られますが ――

―― 嘘っぱちです。

他のことは知りませんが、こと恋愛に関しては。

『将を射んと欲すれば「将」を射よ』

が正しい。

-----

いわゆる「ご両親」に対する演技では、どこでも100%の評価を得ていた私です(私は、その気になれば、抜群のインターフェースを発揮できる)。

が、「ご両親」に気に入られることは何の意味のない、というあたりまえのことに気がつくのに、私は、呆れるほど時間がかかったのです。

(続く)

(To be continued)


2013-04-08 「伊東四朗・三宅裕司コントライブ いい加減にしてみました」を、家族で見ました。

「伊東四朗・三宅裕司コントライブ いい加減にしてみました」を、レンタルDVDで借りて、家族で見ました。

感想 ―― 笑い過ぎて、死ぬかと思った。

体に苦痛を感じる程笑った、という最後の体験をしたのは、いつだったかな、などと思っていました。

-----

「いい加減にしてみました」と「いい加減にしてみました2」をレンタルしたのですが、「いい加減にしてみました3」は、まだレンタルが開始されていないようです。

そもそも、今回「いい加減にしてみました」を借りたのは、嫁さんが、「いい加減にしてみました3」のゲストの沢口靖子さんの、インタビューの合間に挟まれる、舞台のビデオクリップを見たことに、端を発します。

で、私に対して、このライブを見たい。何とかしてくれ、と要請したきた訳です。

「"3"が、DVDになるのは、あと1年くらいなので、それまで待とう」と言った私に対して、娘(長女)が、「ちゃんと製品(DVD)を購入しろ」とクレームしてきました。

-----

「こんな凄いコントに対して、DVDレンタルで安く済まそうとすることは、無礼だ。ちゃんと購入して対価を支払うべきだ」とのことです。

うむ。これは出演者に対する最大の賛辞である。良く言った、と、娘(長女)を褒めてやりたい気持です。

私も、あと1年も待てないのと思うので、多分、amazonで購入することになると思います。

-----

ただねー、揚げ足を取るつもりはないんだけど、

「普段、DVDレンタルで借りてくる映画に対しては、そのような『礼』は尽さなくて良い」

と言っていることと同じだよなー、と、お父さんとしては思えてしまうのですよ。

その違いは何かというと、やっぱり、「笑い過ぎて、死ぬかと思った」と思える、またはそれに匹敵するようなコンテンツが、世の中に、それ程には「存在しない」ということなんだろうな、と思うのです。


2014-04-08 「いいなー、江端さん。オシャレだよね。こんなのどこで手に入れたの」

「あなたの、それって素敵ね」

"It is cool isn't it?"

「小さくて、あら、折りたためるのね」

"So cute! It can fold?"

「表示部分もキーの部分も凄くコンパクトで扱いやすそうね」

"Both display and keyboard are compact and seem to be useful."

「落としても壊れそうにないわね」

"likely Sturdy"

「音声通話だけに限定しているのね。これは? へー、テキストのフレーズを送れるんだ。あ、これ、聞いたことがあるよ。たしか『ハイク』っていうんでしょう」

"Only voice communication is available isn't it? Oh, this can send character message. I heard this, this... let me see... It is "HAIKU" isn't it?"

「いいなー、江端さん。オシャレだよね。こんなのどこで手に入れたの」

"I envy you. It is fashionable. How did you get it?"

江端の孫娘:「おじいちゃんの形見なんだ。『ガラケー』って言うんだって」

My granddaughter said "This is my grandpa keepsake, called "GARAKEI"


2015-04-08 その時点で、9割書いた原稿を、ドブに捨てることになる ―― そういう目も当てられない悲劇を、私は覚えているだけで2回やっています。

現在、私は、時事問題を数字を使って理解するコラムの連載をしています。

I have a work of a serialization about understanding current issues using numbers.

数字や統計を使うのは、政治家や官僚の常套手段だそうです。

On the other hand, the politicians and bureaucrats always try to use numbers to explain about their own issues.

つまり ―― 計算しない(できない)民衆を、煙に巻く ―― という手段で使われた、と。

In short, numbers are used to befog ordinal people who don't (can't) have habits of calculations.

ですから、私のコラムを読んでいる人の多くが、江端が自分の主張に正当性を与える為に、数値を支配していると思っている人がいるかもしれません。

So I am afraid that many people who read my columns think that Ebata controls numbers in order to justify his opinions.

―― 本当に、そういう話ならラクで良いのですけどねぇ

"If it is true, I can always enjoy my column every time."

事実は逆です。

It is opposite, to tell you the truth.

仮説を信じて、原稿の大半完成させた時点で、数値がその仮説を「壊す」のです。

When I almost finish writing my column based on my hypothesis, the numbers destroy the hypothesis in just about no time.

その時点で、9割書いた原稿を、ドブに捨てることになる ―― そういう目も当てられない悲劇を、私は覚えているだけで2回やっています。

The 90% of the draft at that time, is going to be disposed. I have done the accidents twice to the best of my remembrance.

人口予測と、残存資源モデルの時。

Population prediction and remaining resource problem.

桁が一つずれただけで、もう悲惨ですよ。

It become a tragedy, even if I misunderstand just one character.

例えば、資源の計算をしている時、石油の残存量を2500年と出したのですよ。

For example, I calculated the deadline of oil-depletion is 2500 years, at first.

で、この結果を根拠として、「石油の問題は当面心配するな」という論調の文章を書き上げたのです。

Based on this result, I wrote a column that says "You don't have to worry about oil-depletion for a certain time"

そして、後で、再度計算しなおしたら、これが250年になってしまったのです。

And after that, I re-calculated that, I knew the correct answer was 250 years.

当然、論調は「石油枯渇問題は、深刻だ」となる訳で、で、結果として、折角書いた原稿は、すべてボツです。

Of course, I had to write "You should worry about it as soon as possible" and throw out the draft version.

-----

私の部屋のホワイトボードには、つねに、日常生活では使われないような数値(10の23乗というような)が、書き殴られています。

On my white board in my room, some enormous numbers (like 10 raised to the power of 23) are always written off.

あまりに数値が大きいので、電卓はもちろんエクセルでさえ、計算不能ができないことがあるのです。

The numbers are too big, so I cannot calculate by even Excel and electronic calculator.

数字を支配するどころか、どうみても、数字に翻弄されているのは、この私の方です。

Before controlling the numbers, it is me to be made a fool of by the numbers.


2016-04-08 「それは困る。うん、インターネットはやっぱり必要だな」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ただ、相対的な幸せですけどね。「ゼロとプラス」の話ではなく「マイナスとゼロ」の話ですね。

Of course, it is a relative happiness, you know. This story is not "Zero and Plus" but "Minus and Zero".

しかし、相対的であろうがなんであろうが、幸せは幸せです。

However, it is relative nor not, but happiness is happiness.

-----

私は、

When I asked Ms.M who was the editor of my column

「インターネットが、どれだけ『私を不幸せにしたか』を、数字で回してみたいんです」

"I want to calculate "how the Internet made us happy"

と、編集担当のMさんにご相談したところ、「是非、お願いします」とご回答頂いております。

She could accept my proposal with saying "Your proposal is greatly appreciated."

近々執筆したいと考えております。

At an early date, I want to start the series of the theme.

-----

同じ話題を、家族にも振ってみました。

I told the same story to my family, and the second daughter gave me some questions as follows.

次女:「アマゾンや通販が使えなくなるよ?」

Daughter:"You cannot use Amazon and other mail-order services can you?"

江端:「あれらのサイトによって、どれだけ、日本の小売の消費が抑制されているか・・・」

Ebata:"Let you think how the consumption chances has been lost by the web sites"

次女:「YouTubeでアニメが見られなくなるよ?」

Daughter:"Don't you care if you can watch animations by YouTube?"

江端:「広告のスキップによって、広告業界がどれほど打撃を受けているか知っていることか?」

Ebata:"Do you know the AD industry has got the damage by skipping the advertising video-clip?"

次女:「じゃあ、CookPadで、料理のレシピが手に入らなくなるよ?」

Daughter:"Let me see. You are going to fail to get the recipes of dishes in CookPad site"

江端:「そ、それは・・・ 」

Ebata:"Well, it ... "

「それは困る。うん、インターネットはやっぱり必要だな」

"It is troubled. Yeah, Internet is still necessary."

-----

CookPadのおかげで、インターネットは、私からの批判から免れることができそうです。

Thanks to CookPad, the Internet is likely to be able to escape from criticism from me.


2017-04-08 本当にもったいないことをした、と心底から後悔しています。

I said that the story of

"Tutor and prep school instructor is not good for you"

の話の続きですが、なんか変な方向で話を閉じてしまったので、再開します。

I had finished this story without my first intention, so I want to continue it.

-----

今、以下のアルバイトをやっておくべきだったと、猛烈な後悔をしています。

Now I strongly regret that I should have do the following part-time job.

■アミューズメントパークで、キャストをする

- acting as an cast member at an amusement park.

■ホストクラブで、お金持ちのお客さんに、心にもない追従を言う

- giving good compliments to women at an host bar.

■駅前の中華料理屋の厨房でフライパンを振ってチャーハンを作る

- cooking fried rice at a Chinese food restaurant near a station.

今となっては、そして定年後にも、絶対にできそうにもないアルバイトです。

I am afraid that I will not be able to do the above jobs.

子どもに勉強なんぞ教えたり、パソコンショップでPC-9801なんぞ売っている場合ではなかった(結構、売上には貢献していたと思いますが)。

I should not have taught a child at home, or sold "PC-9801" at a personal computer shop(But I might had sold many PCs).

-----

金で換えれない経験ができたハズなのに、そして、その経験は、今になって、色々なネタとして語れたハズなのに ――

I could have had many experiments without exchanged with money, and those have given me a lot of topics.

本当にもったいないことをした、と心底から後悔しています。

I have regretted to be really wasteful from my heart.

ま、もっとも、チャーハン作りに目覚めて、エンジニアの道を辞めていた可能性もあるので、それはそれで、何が良かったのかは分からないのですが。

Well, I might have waken up for fried rice, and gone to the way of an engineer. So I do not know what was good.

ホストの道に進むことはなかっただろうと思いますが。

I think that it would have never been in a host bar.


2018-04-08 "Ubuntu 16.04がインストールされたクラウドサーバを、リモートから運用管理できる方"

町内会の業務を効率化する ―― というのは名目で、本当は「私がラクをしたい」一心で、町内会の業務のIT化を画策しております。

"To promote the efficiency and diversification of neighborhood association(NA)" is not a really purpose, but, I am going to make IT environment for NA "to make me easier for the NA's tasks".

しかし、このIT化を推進できる人材が発掘できておりません。

However, I cannot find the proper person to make the IT environment.

そして、私の任期は、あと1年しかありません。

In addition, my term will expire after one year.

私の後任を努められる人材の確保が、急務です

There's an urgent need to get the person as the successor to me.

-----

I don't say luxury thing, for example,

"Ubuntu 16.04がインストールされたクラウドサーバを、リモートから運用管理できる方"

"I need the person, who can manager a could server which Ubunts 16.04 has been installed.

・・・などと贅沢なことは言いません。

上記のフレーズの「意味」を理解できる人で十分です。

It is enough to understand the meaning of above phrase.

御提供できるメリットは「1000人近くのユーザを有する、サーバを運用管理した」というキャリアです。

What I will give you, is a career that "you can manager the IT server whose numbers of user is about 1000"

ご興味のある方は、是非、御一報下さい。

Please feel free to contact me, if you are interested in the management.

但し、私の町内の方に限りますが。

However, for a resident in my town only.


2019-04-08 「はあ、『オリンピック』を少々・・・」

就職面接で、

In a job-interview, the conversation of

「これまで、どのような技術を取得されましたか?」

"What kind of technology Have you ever worked for?"

「はあ、主に『AI』を・・・」

"Well. I have worked for "AI""

という応答をすることと、

and

お見合いの席で、

In a marriage meeting, the conversation of

「普段、どのようなスポーツを何を嗜(たしな)まれていますか?」

"What sport have you been doing at the weekend? "

「はあ、『オリンピック』を少々・・・」

"Well. I enjoy doing "Olympic""

という応答をすることは、その「バカさ加減」において、基本的に同じです。

are basically same as degree of stupidity.

-----

どっちも、『こいつは、アカン奴』と思われて、

Anyway, in either case, you are looked down as an "useless guy", and

そして、相手から『今回は、御縁がなかったということで』と言われる点でも同じです。

got a message of "it was not meant to be, this time" from the other side.


2020-04-08 ただ、条文上、メイド喫茶や深夜のバーの営業自粛は「要請」することはできても、「禁止」することはできないようです。

私は、職業野球に興味がないので、プロ野球の公式戦が開催されないことに対して、特別な思いはありません。

Since I am not interested in professional baseball, I have no special feelings that the official match of professional baseball will not be held.

私は、職業サッカーに興味がないので、プロサッカーのリーグ戦が開催されないことに対して、特別な思いはありません。

Since I am not interested in professional baseball, I have no special feelings that the official match of professional baseball will not be held.

ですが、

However, I was shocked that

―― 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」の放送延期

"My youth romantic comedy is wrong. the last episode" is postponed

には、ショックを受けました。

-----

もちろん、作品の品質を維持する為であるなら、私は1年だって我慢しますが、それでも、

Of course, to maintain the quality of the work, I endure a year, but still,

「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、緊急事態宣言の発令」

"Issuance of Declaration of Emergency based on the Act on Special Measures against Pandemic Influenza"

のあった日に、この放送延期の公知は、なかなかキツいものがありました。

The announcement of this broadcast postponement was quite hard for me at the day of the issuance.

-----

という気持ちの中で、特に理由もなく、

In that feeling, for no particular reason, I was reading the whole sentence of

"Law against Special Measures against New Influenza"

の、全文に目を通していました。

-----

第32条に、緊急事態宣言の内容(第1項)、期間、場所、概要の記載があります。

Article 32 contains the contents of the Declaration of Emergency (paragraph 1), the period, place and outline.

私が興味深いと思ったのは、緊急事態宣言の有効期間は「2年を超えてはならない」と明記されていることです(第2項)(なお、延長規定(第3項)あり)。

What I found interesting was that the validity period of the emergency declaration was clearly stated as "not more than two years" (paragraph 2) (with an extension provision (paragraph 3)).

これ、どんなパンデミックも、おおよそ2年以内に可制御状態(×根絶)になる、という過去の事例に因るものだと思われます(スペイン風邪も、同程度でした)。

This seems to be due to past cases where any pandemic will become controllable within approximately two years (e.g. Spanish cold).

-----

あと、この法律に基づく緊急事態宣言の発動条件について調べてみました。

I also examined the conditions for triggering an emergency declaration based on this law.

「政令に定めるところ」との記載があったので、それを探してみました。

There was a statement that "specified by a separate ordinance", so I looked for it.

根拠条文は、

The grounds clause is

Article 6 (2) of this

第1号の「感染したおそれがある経路が特定できない場合」

(1) "When the route that could be infected cannot be identified"

and

第2号の「新型インフルエンザ等を公衆にまん延させるおそれがある行動をとっていた場合」

(2)"When the public has taken actions that may spread the new influenza and the like to the public"

の2つだな、と、ざっくりアタリを付けました。

I roughly estimated the above two.

-----

ここで、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に戻って、ここに登場する、主語を片っぱしからピックアップしてみました。

Here, I went back to the Act on Special Measures for Countermeasures against New Influenza, and tried to pick up the subject appearing here.

国、政府、地方自治体、定公共機関、指定地方公共機関という組織と、内閣総理大臣、都道府県知事のような役職名と、そして「国民」が(国民の義務)という項目で登場します(第4条)。

The names of the nations, governments, municipalities, regular public institutions, designated local public institutions, and titles such as the Prime Minister and prefectural governors. And "Citizen" appears under the item (Obligation of the people) (Article 4).

国民の義務と言えば、思い出すのは、日本国憲法に定められた「教育の義務(26条2項)」「勤労の義務(27条1項)」「納税の義務(30条)」です。

Speaking of the people's obligations, I recall the "duty of education (Article 26, paragraph 2)", "duty of work (Article 27, paragraph 1)" and "duty of tax payment (Article 30)" written in the Constitution of Japan .

しかし、憲法以外の法律の条文の中で「国民の義務」と記載されたものを、あまり見たことがないので、違和感というか、新鮮というか、そんなものを感じました。

However, I haven't seen anything that mentions "national obligations" in the provisions of laws other than the Constitution, so I felt uncomfortable and fresh.

-----

そして、条文を読むとき、私が、真っ先に探すのが「罰則」です。

And the first thing I look for when reading articles is "penalties".

この法文では、第76条~78条に規定がありました。

In this law, Articles 76 to 78 had provisions.

(1)物資を提供に協力しなかった者は、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金

(1) Persons who did not cooperate in providing goods shall be sentenced to imprisonment of 6 months or less or a fine of 300,000 yen or less.

(2)(接収等を前提とした)立入検査に協力しなかった者は、30万円以下の罰金

(2) Persons who did not cooperate with on-site inspection (assuming requisition etc.) are fined up to 300,000 yen

(3)上記(1)(2)の個人だけでなく、その個人の属する法人も纏めて罰金(両罰規定)

(3) Not only the individual (1) and (2) above, but also the corporation to which the individual belongs is fined together (both penalties).

という、比較的弱めではありますが、刑事罰付きの罰則規定があります。

Although relatively weak, there are penalties with criminal penalties.

まあ、「世間の晒し者」効果を期待して、この程度としているのでしょう。

Well,the law may be expecting the "exposed person" effect.

-----

ただ、条文上、メイド喫茶や深夜のバーの営業自粛は「要請」することはできても、「禁止」することはできないようです。

However, according to the provisions, it seems that maid cafes and bar bars at midnight can be "requested" but not "prohibited"

(私は、どうしても見つけられなかったので、どなたか見つけた方は教えて下さい)

(I couldn't find it, so please let me know who found it)

ですので、追加の政令を発令して、「営業に対する損害補償」を「人質」として、「事実上の禁止」に持ち込むのだ、私は思っています。

So, I think that they will issue an additional government ordinance and bring "compensation for damages to business" as a "hostage" and a "virtual ban".

まあ、これは法律を学んだ人なら誰でも知っていることですが、「政令の定めるところ」というフレーズは、結構「子狡い」のです。

Well, as anyone who has learned the law knows, the phrase "as stipulated by separate ordinance" is quite "childish".

なぜなら、政令は国会の承認を必要とせず、内閣が勝手に盛り込めるものだからです。

This is because the separate ordinance does not require the approval of the Diet and can be included by the Cabinet.

「後出しじゃんけん」みたいな性質があります(ただし、政令には罰則を設けることができません(日本国憲法第73条))。

like "cheats at rock-paper-scissors".(However, penal regulations cannot be imposed on separate ordinances (Article 73 of the Constitution of Japan)).

-----

『一次情報にアクセスすれば、同じことを繰り返しているニュース番組より、結構、色々なこと分かるもんだ』てなことを考えているうちに、えらい時間が経過してしまいました。

I think "when I access the primary information, I can know a lot more than a news program that repeats the same thing", but my great time has passed.

話を元に戻します。

Let's get back to the story.

私が、

I was shocked that

―― 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」の放送が延期

"My youth romantic comedy is wrong. the last episode" is postponed

に、ショックを受けているのと同様に、プロ野球の公式戦の延期や、プロサッカーのリーグ戦の延期にショックを受けている人がいると思い至ることができます。

Just as I was shocked, I can think that some people are also shocked to postpone the official professional baseball game or postpone the professional league match.

そういう方法で、失望感を共有することはできるのです ―― ベクトルがどんなに違っていたとしても、です。

In that way, we can share our disappointment. no matter how different the vectors are.


2021-04-08 私が、テニスとスキーを上達するために走り込んだ距離は「0メートル」です。

最近、「過去の自分に戻る」というコミックやアニメが多いです。

Lately, there have been a lot of comics and anime about "going back to the past".

この手のコンテンツに共通することは『過去の記憶を保持している』と『過去の事象が再現される』という前提条件です。

What all these contents have in common is the prerequisite of 'retaining memories of the past' and 'recreating the events of the past'.

まあ、こういう設定がないと、コンテンツとして成立しないので、仕方がないのかもしれません。

Well, without this kind of arrangement, the content would be unsustainable, so it may be inevitable.

-----

しかし、私の場合、仮にこの2つの前提条件があったとしても、「過去の自分に戻る」ことは希望しません。

However, in my case, even if I had these two prerequisites, I would not wish to "return to my past.

特に、小学校から中学校にかけては、ゴメンです。

Especially from elementary school to junior high school, it is joking.

あの「息苦しさ」を忘れることはできません。

I will never forget that "suffocating feeling".

勿論、誰のどんな人生だって、「息苦しい」とは思いますが、大人の方が、対処方法が選べる分、ラクな気がします。

Of course, everyone's life is "suffocating," but I think it's easier for adults because they can choose how to deal with it.

―― 最悪でも、組織を巻き込んで自爆してやる

"At the very worst, we could have a suicide bomber involving the organization"

という選択肢があるだけでも、大人の方が、ずっとマシです。

Adults should get that option.

子どもの頃は、大人とか教師とか学校とか言うシステムを「破壊する」という発想は、できませんでした。

When I was a child, the idea of "destroying" the system of adults, teachers, and schools was not possible.

今なら、その発想は簡単にできるのですが。

Now, that idea is easy for me to do.

子どもが大人に頼れれば良いのですが、そもそも、子どもにとって「大人は敵」ですから、頼れようがありません。

It would be great if children could rely on adults, but for children, adults are the enemy, so there is no way to rely on them.

それはさておき。

Aside from that.

-----

私、小学校のころから、ピアノを続けていました ―― 死ぬほど、ピアノの練習が嫌いだったにも関わらずです。

I've been taking piano lessons since I was in elementary school -- even though I hated practicing piano to death.

今のピアノのレッスンというものが、どのようになっているかは知りませんが、私の子どものころは、それはもう、下らないくらいに「教条主義」でした。

I don't know how piano classes are today, but when I was a kid, they were so "dogmatic" that they were trivial.

今なら、はっきりと「バッカじゃねーの」と言い切れます。

Now, I can clearly say, "They were idiot".

バイエル、ブルクミュラー、ツェルニー・・・、あの「絶望的なまでに退屈な曲の演奏」を強いられる日々は、本当にうんざりでした。

Beyer, Burgmuller, Czerny... I was really fed up with those days of being forced to "play hopelessly boring music".

『ピアノの上達のためには、弾く手のフォームを美しく整えることが欠かせません』が、ウソであるとは言いませんが ――

I'm not saying that "To improve your piano playing, it's essential to have a beautiful finger form" is all bullshit.

しかし、『ピアノの上達のためには、フォームなんぞ瑣末なことを忘れて、ピアノを弾くことを心から楽しむこと』こそが、絶対的な真理です。

However, the absolute truth is that "in order to improve your piano playing, you must forget about such trivial matters as form and truly enjoy playing the piano".

-----

こういう、「狂った教条主義」の一例が、テニス部に入っても「1年生はボールを打たず、走り込みと筋トレをするものである」という、下らない「しきたり」です。

One example of this kind of "crazy dogmatism" is the stupid "ritual" of joining the tennis club, "freshmen are not supposed to hit the ball, but run and do strength training.

私は、自腹を切って、とっととテニススクールやスキースクールに入って、ロジカルに、最速かつ最短に、"技を"教えて貰いました。

I paid my own way and quickly joined a tennis school or a ski school to learn the "techniques" in the fastest and most logical way.

今の私は、テニスとスキーの一通りの技を使えて、普通に楽しめるレベルにあります。

I am now at a level where I can use a whole range of tennis and skiing techniques and enjoy them normally.

そして、私が、テニスとスキーを上達するために走り込んだ距離は「0メートル」です。

And, the distance I have run to improve my tennis and skiing is "0 meters".

-----

さて、それらを見直してみて、今の私に分からないことは、『なぜ、当時の私は、とっととピアノなんぞを止めなかったか』ということなのです。

Now, after reviewing them, what I don't understand now is why I didn't stop playing the piano as soon as I could.

(続く)

(To be continued)