0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-05-30 「かっこいい」とは、こういうことです

先日の帰宅時(夜10時頃)、駅で電車を入ってくるのを列に並んで待っていたところ、私の前に並んでいた大学生と思われるニーチャンが、いきなり、コンビニ弁当を取り出して、食べ始めました。

「立ち食い弁当」です。

それは、オニギリでもなく、サンドウィッチでもなく、唐揚げ弁当でした。

立ちながら「弁当」を食するということは、当然、両手で弁当箱を支えなければならないことになります。

しかし、食べ物を口に運ぶ為には、右側の手には箸を持たなければならず、その状態では、弁当箱は、左手のみでホールドする必要があります。

その弁当を開いた直後から、そのニーチャンは、背筋を伸ばして、黙々と弁当を食べ続けました。

電車がプラットフォームに入ってきても、慌てる風でもなく、落ちついて食べ続け、電車が停止するのにピッタリ合わせて、ニーチャンは弁当箱を閉じました。

そして、電車のドアの方向を向きつつ、その空の弁当箱を自分のバックに落し、ドアが開くと同時に、悠然と電車の中に入っていきました。

-----

か・・、かっこいい・・・

通勤電車の中で弁当を食べることは、やっぱりマナー違反とみなされることが多いでしょうし、また、深夜の駅のベンチで食事をするのも、あまりみっとも良い姿ではありません。

しかし、駅の列に並び、立ちながら弁当を黙々と食する、そのニーチャンのスタイルは、私を魅了して離しませんでした。

-----

「こんなニーチャンがいる限り、我が国はまだまだ大丈夫だ」と、ちょっと論理的には説明できない、大いなる安心感と嬉しさを持って、私も電車に乗り込みました。


2014-05-30 秋葉原で、メイドコスチュームの小娘ごときに懸想しているオタク男ども。刮目せよ。

昨日の続きです。

It is a continuation of yesterday.

午後3時くらいにオフィスから戻って、ホテルで仕事を続けていたところに、突然、一人の女性が入ってきました。

When I came back to the hotel from the London office and work at the room, a woman came in suddenly.

「おばさん」よりちょっと御歳を召したやや太りぎみの女性で、私はあやうく、

She was a little older than "middle" and slightly overweight, I almost said

"Jessica Fletcher."

と言いそうになってしまいました。

「あら、いらっしゃったの。出直した方がいいかしたら?」

"Oh, you are here. I should come again"

「いえ、私は、構いませんが」

"I don't mind at all"

「じゃあ、直ぐにやってしまいますね」

"So, let me do soon"

と言いながら、彼女は、テキパキと、ベットメイキングや清掃の状態をチェックリストに記入していきました。

She had filled out the checklist about cleaning, bed-making and others snappily.

そのうち、私の方が、彼女の邪魔になっていないか気になってきて、

Among them, I was becoming to worry about me, and I said,

「外に出ていましょうか」

"May I go out?"

と尋ねたところ、

She replied with smiling

「もう終わったわ」

"I have already finished."

と笑顔で返事をされました。

「お仕事中、ごめんなさいね」

"Sorry to bother you"

「いえ、全然」

"It is O.K. No problem."

と会話を交した後、ゴシック調のメイド服を纏った彼女は、最初から最後まで背筋をのばした凛とした体型を崩さず、私の部屋から颯爽と出ていきました。

She, who was wearing a maid clothe of Gothic, is with a straight back and the dignified figure from beginning to end, went out from my room gallantly.

-----

―― わー、本物の英国のメイドさんだぁ。いいもの見たぁーー

"Wow! She is a real maid of the UK. I saw a good thing"

まあ、ホテルの管理をしている方を「メイド」と呼べるかどうかはさておき、私は、しばらく感動浸っていました。そして、

Whether we call her "maid" who manages hotel facilities, I had been impressed for a time.

「4万円分、確かに頂きました」

And I had thought that "40,000 yen worth, I have received certainly"

という気持ちになりました。

-----

秋葉原で、メイドコスチュームの小娘ごときに懸想しているオタク男ども。

Nerd men who fall in artificial love with girls who wear maid costumes in Akihabara area.

刮目せよ。

Look with keen interest.

これを「本物」というのだ。

This is a "REAL".


2015-05-30 『パパ、私が買ってあげるよ』と言ってくれましたので、早速Amazonで購入しました。

先日、次女に、小説『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』を購入するようにお願いした、との日記を書きました。

The other day, I wrote in my diary, that I asked my daughter to get the book "After all, the story of my love affair is wrong"

次女が、この日記を読んだのかどうかは不明ですが、昨日『パパ、私が買ってあげるよ』と言ってくれましたので、早速Amazonで購入しました。

Yesterday, she offered me to buy the book by her money, so I ordered it to Amazon.com.

-----

次女は、「少女コミック」→「4コマまんが」→「ライトノベル」と順調にステップを踏んでおります。

She is stepping-up from "comics for girls", "four-frame cartoon" to "novels for young".

この後は、

After that, on my schedule,

「一般小説」に向かい、その後、視野が広がり、世界に興味を持つようになって「ドキュメンタリ」に進むはずです。

She is going to start "common novel", and her visions will expand for various fieds, and go to "documentary".

それらの本を通じて、この世界の根本的な色々な矛盾に気がつき「思想系(右や左のラディカル)」に至り、

Through the books, she is going to be able to notice several contradictions in the world, and go ahead to "thought(right or left wind, or radical thought).

その階級的矛盾が、思想的にも、政治的にも、地政学的にも、解決できないことに気がつくと、自己分析を始めて「精神世界(哲学や宗教)」に嵌り、

After that, she will know the difficulties to solve the contradiction by thoughts, policies and powers, and she will show enthusiasm for "sprits".

やがて、それら全部が面倒くさくなって、普通に「文豪」あたりに落ちつくはずです。

It's too much of a bother for her to think them, she is going to arrive at "writers of great literature".

うん、完璧な計画です。

Yes, it is a perfect plan.

-----

で、結局、上記の計画は一体何か、と問われれば、実は、

After all, when you ask me what is the above plan, in deed,

―― 私の読書歴の彷徨

"It is my prowl of reading history"

だったりする訳です。


2016-05-30 「最近のパパの絵は、何だか怖いよ」

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Accident resulting in injury or death (30) "

"Secret plan to avoid the injury is "Do not live in the city"

-----

作成したイラストを見せると、

Whenever I show my illustration,

「最近のパパの絵は、何だか怖いよ」

"Your recent pictures are somehow scary."

と言う嫁は、

The wife who said that

―― 実在します。

has been real.


2017-05-30 かねてより私は、『「英語」教育以前に、「配線学」「マニュアル学」をやれ』―― とあれほど言っているのですが――

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の場合、

In my case,

(1)まず、低評価のコメントを見る。

(1)Firstly, I read the comments of the lowest.

(2)そのコメントが、購入者のスキル不足に因るもの、あるいは、それによるコールセンタのするの悪さに言及しているもの、であれば、この「低評価」は無視する。

(2)If the comment includes "shortage of the skill of purchases" or "awful response of the call center", I will ignore the comment.

(3)逆に、「手動でリセットを続けなければならなかった」というような、性能に関する事項については、この「低評価」は最大限に配慮する。

(3)In opposition, I will care the performance or bug of the product, for example "I have to put the reset button frequently"

(4)評価数が多いものは、多分「大丈夫」と考える。ユーザが多いものは信用できるからです。

(4)If the number of the evaluation is large, I think this product is O.K. Because large numbers of purchase are reliable.

(5)上記(1)~(4)にもかかわらず、低い評価数が、高い評価数を超えるものであ時は、購入を差し控える。実際には正しくない判断かもしれなくても ―― 別段、私は困らないから

(5)Despite the above (1) - (4), if the low number of evaluations exceeds the high evaluation number, we refrain from purchasing. Even if it may be judged incorrect - in fact, I will not be bothered by it.

-----

例えば、上記の(5)は、悪意のある組織的な妨害工作かもしれませんが、別に私、裁判官でも、公正取引委員でもありませんから。

For example, (5) above may be a malicious organizational obstructive work, but I am not a judge, or a fair trade commissioner either.

私、風評にフラフラと左右されることを恥とは思っていませんし、「真贋を極める」なんて高尚な心意気なんぞも、1mmもありません。

I do not think that it is shamed to be influenced by rumor, and I have no high spirit of "true authenticity".

ただ、自分が理解していることに限っては、風評に左右されることはない、というだけです。

However, about what I understand, I cannot be influenced by any harmful rumor.

-----

「動作しない」または、「サポートセンタの説明が不親切かつ不愉快」という人に対して、「マニュアルをちゃんと読んでいないからだ」と非難するのは、少々酷だと思います。

For those who "This doesn't work" or "the support center's explanation is unkind and unpleasant", I think that it is a little cruel to blame with saying "You should read the manual properly".

パソコンやネットワークの設定は、基本原理を知らない人にとって、手のつけようがなく難しいものであることは、私にはよく分かります。

I understand well, that it is difficult to put hands on for those who do not know the basic principle of PC and network to set them up.

そもそも、無線LANのアクセスポイントを、素人が設営すること自体、かなり無茶なことだと思うのです。

In the first place, I think that setting up wireless LAN access points by themselves is quite unreasonable.

-----

Better than ever, I have said much "Teach "wirelogy" and "manualogy" before "English"",

文部科学省も、学校当局も、全く動きません。

However, neither MEXT nor school authorities move at all.


2018-05-30 ―― 事あるごとに血液型を聞きたがる日本人が、海外で『キモい民族』として取り扱われている

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

遺伝の確率の話を知っていれば、家族全員がAB型になろうが、家族全員がA,B,O,AB型バラバラになろうが、それが、大して珍しいことではないことは、分かるはずです(そもそも江端家内のAB型は75%です)。

If they know the story of the genetic probability, they can understand that the whole family will be AB type is not special, as the same of the whole family who has each A, B, O, AB type. (The AB type in the Ebata family is 75%).

血液型の発生率が、その国の血液型人口比率と「同じ」になる ―― なんてこと、高校1年生の「生物」か「数学」の授業で学んできたはずです(そういうことになっています)。

The incidence of blood type becomes "same" as the blood type population ratio of that country. They must have been learned it in biology or Mathematics class at high school.(We suppose so.)

(もし、「同じ」にならないのであれば、人類の血液型は1つの型で統一されているはずです)

(If it does not become "the same", human blood type should be unified in one type)

もう一つ加えるのであれば、

In addition, I want to tell you that,

―― 事あるごとに血液型を聞きたがる日本人が、海外で『キモい民族』として取り扱われている

"We Japanese are treated as "disgusting nation" who want to hear other's blood type every time abroad.

ことも、結構有名な話です。

That is also quite famous.

-----

私は、この日記を、私の二人の娘に向けて発信しています。

I am sending this diary to my two daughters.

―― もしお前(娘)たちが、今、私の目の前にいる「女性A」「女性B」のような会話をするような人間に育ってしまったら・・・

- If you (my daughters) are becoming such human being who talks like "female A" "female B" in front of me now ...

―― 父は、マジで泣くぞ

- Your father will cry seriously


2019-05-30 ―― 我が国は、あなたを必要としていません。

Six years ago, I contributed this "Japan that a system to prevent giving birth is completed".

しかも、6年前でさえ、これの「実際の発言」を、「証拠」として見つけ出すことはできませんでした。

And even six years ago, I could not find out this "actual statement" as "the evidence".

まさか、それを今の今になって、こんな完璧な形で得られるとは思いませんでした。

I am really surprised that I could get it in such perfect form now.

"Give birth to at least 3 children" Sakurada former Olympics, speaking at a party

-----

私は、

I wrote ,

I am worried about the greatest concern that "a person who has never used a personal computer" is the minister responsible for cyber security in our country.

でも、

and

For children who scream "I can not study English anymore!", our adults have no words to talk about.

でも、

and

When I checked the interval of the minister's slip of the tongue(×content) for about a year, I notied a strange sense of sight.

でも、私は一度だって、「国会議員を辞めるべきだ」とは言いませんでした。

However, I did not say, "he should resign from the Diet."

むしろ、可能な限り、擁護し続けてきたとさえ思っています。

Rather, I even think that I have continued to defend as much as possible.

-----

私は、国会議員とは

■『少子化社会を前提とした、新時代の社会システムのデザインをする』という、

I think that the Diet members should think about "designing a social system for a new age based on a declining birthrate society",

■恐しく難しい課題を解決する為の、高度な知性と知能、そして、猛烈な勉強が必要とされている、

based on a high level of intelligence and intense study to solve very difficult tasks.

■非常に過酷で、割の合わない職業である

と信じています。

To tell you the truth, I believe that Diet members are extremely harsh and professional occupations.

ですから、―― 確信を持って言いますが ―― これらの知性や知能を具備して、日々一生懸命勉強している人であれば、上記の発言が出てくる訳がありません。

If he is studying very hard every day with these intellects, he never say the above remarks to appear.

はっきり申し上げて、呆れるばかりの「無勉強」("不勉強"ですらない)です。

To be clear, he is a longing "lazy" (it is not lack of lack of application).

-----

ですので、まあ、もういいと思います。

私も疲れました。

我が国の国益の観点から、衷心からの具申を申し上げたいと思います。

So, well, I think it's good timing. I want to tell him,

―― もう、議員をお辞め頂いて結構です。

"Now, it's fine to leave the diet for you"

―― 我が国は、あなたを必要としていません。

"Japan does not need you"


2021-05-30 『おーい、そこの、"ネットワークスペシャリスト"。こっちに来てくれ』

何かの試験に合格したのかは知りませんが、長女が、職場で「テクニカルアドバイザー」という称号を得たようです。

I don't know if she passed some kind of exam, but my senior daughter seems to have earned the title of "Technical Advisor" at her workplace.

―― ふーん、そうですか。それは凄いですねえ

"Hmm, I see. That's great"

などといって、自分の娘に嫉妬したりはしませんが、

Of course, I wasn't jealous of my own daughter.

でも、これから仕事で困ったら、何もか長女にぶん投げてみようと思っています(冗談ですが)。

But from now on, if I have any problems at work, I will ask her for advice on anything (just kidding).

-----

そう言えば、昔、情報処理試験の「ネットワークスペシャリスト」に合格したことがあります。

I remember, a long time ago, when I passed the "Network Specialist" of the Information Processing Test.

会社経由で、合格通知書が渡されたので、会社にバレました。

I received my acceptance letter via my company, so my boss knew that.

その後、暫くの間、上司から、ことあるごとに、

And for a while after that, my boss called me, saying

『おーい、そこの、"ネットワークスペシャリスト"。こっちに来てくれ』

"Hey, there, Network Specialist. Come here"

と呼ばれました。