0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-01-01 「江端さんは鬼ですね」

昨年度の年末、激務の同僚(後輩)が、風邪で倒れました。

At the end of the last year, my young colleague caught a cold and broke down under the strain of hard work.

加えて彼は、年度中の特許明細書のノルマが課せられておりました。

Unfortunately, he had a mission to finish the patent work assigned to him.

私は、特許委員を兼務している為、この非常事態に対して万全の布陣をひくことにしました。

I am in charge of the patent management, so I was going to make a perfect line against this emergency situation.

■特許明細書の提出は、会社のシステムで行えるので、ノルマの提出を営業日の最終日から、大晦日の23時59分59秒まで可能であることを、システム管理者に確認し、

(1)First of all, I confirmed with the system administrator that the company patent assistant system keeps working through New Year's Eve.

■課長や部長に、大晦日のカンウトダウン前に、自宅で稟議処理をやって貰うことをお願いし、

(2)Secondly, I asked both the chief and the head of the department for a request for managerial decision during the countdown of New Year's Eve.

■最悪の場合は、江端が代筆するという作戦を睨み、

(3)If the worst happens, I was going to write for him,

■同僚には、「心配しなくても良い。31日の紅白歌合戦の大トリまでに、提出すれば良いから、安心して、今はゆっくり休むように」と連絡をしました。

(4)Finally, I mailed him to take a rest with the message "Don't worry. It is O.K. that you could submit the patent statement by the end of the year"

-----

―― 江端さんは鬼ですね。

The another young colleague told me that

と、他の同僚(後輩)から言われました。

"Ebata-san. You are a devil"

心外でした。

I felt quite unhappy about the comment.

病床の後輩をこんなにも心配し、万全の態勢を敷き、組織としての完璧なバックアップの布陣を引いた、この私が、

I was worry about my fellows, and made a perfect line for him as a company organization.

「鬼」?

Am I a devil?

「そういうことではないのです。江端さんが『来月に締切を延ばしていいよ』と、一言言えば済むことではないですか。

"Ebata-san. You misunderstand the direction. The solution is easy. All you have to say it that "you can miss the deadline""

あ。

Oh.

それは盲点だった。

It was a blind spot.

確かに、そういう発想なかったかもしれない。

Certainly, I had no idea the above.

でも、仕事は仕事だし。

But business is business.

なにより私が、管理不行き届きで、「私が怒られる」は嫌ですから。

Above all, I wanted to avoid getting mad with my boss.

-----

そのノルマを課せられた後輩が、昨年の営業日の前日から出社できるようになりました。

The young colleague recovered from his illness, and went to our office.

江端:「どう? 大丈夫?」

"Are you O.K.?"

と、彼の体調を気遣ったところ、

When I was worried about his physical condition, he answered

後輩:「大丈夫です。営業日中に提出可能です」

"It is O.K. I will submit the patent statement by the deadline.

と、ノルマの内容で返事されました。

He told me about the work.

-----

――「鬼」なのかもしれないなぁ

I thought "Could be" at that time.

と思った瞬間でした。


2015-01-01 ―― このまま行くと、正月に父が飢える。

昨年、私は年賀状を書きませんでした。

Last year, I didn't write any New Year card.

色々事情はあったのですが ―― 娘たちの年賀状のイラストのサポートしたり、嫁さんの年賀状の住所を書き出したり、深夜に娘を救急病院に担ぎ込んだり ――

There were a lot of reasons, for example, I had to help my daughter's illustrations, write my wife's address to the post cards, and carry my daughter to emergency hospital.

それでも、年賀状を作るくらいの時間はあったと思うのですが、つまるところ、

Even then I think that I had a time to write New Year’s card.

―― なんか体調が思わしくなくて。

In conclusion, I felt bad for the end of last year.

-----

今年は一人で帰省することになり、色々な機材をキャリーに突っ込んで、まさに実家に向かおうとした、その時、

I have decided to leave for my country home, and put something to my bag. And as soon as I took a road,

―― ぎっくり腰がきました。

The strained back was coming.

殆ど、なんの脈絡もなく、突然です。

It came incoherent suddenly

誰もいない家の中で、立ちながら激痛で雄叫びを上げていました。

I was crying with heavy pain in my house alone.

2001年にコロラドでやって以来、実に14年ぶりです。

It is 14 years since I did it in Colorado in 2001.

-----

普通、ここで、全予定は返上。キャンセルです。

Here, all plans are usually returned. It is going to be cancellation.

が、今年も、そうできない理由がありました。

But I have a reason not to do that this year.

実家で食事の準備全般、私以外に行うものがいないからです。

Nobody could prepare for household affairs in my country home without me.

―― このまま行くと、正月に父が飢える。

"My father will starve for the New Year holidays"

悲鳴を堪えながら新幹線に乗りこみ、悲鳴を上げなら米やミソを運んでいました。

I got in the Shinkansen with bearing scream, and carried rice and miso with screaming.

今も、動く度に悲鳴を上げています。

Now, I am crying whenever I move

-----

『これは天の声だな』と思えました。

I thought "this is a voice of God".

―― おまえ、偉そうなことばかり書いているんじゃねーぞ

"You don't write insolent things anytime."

―― 「老老介護」のホンの一部でも、身を持って体験しやがれ、この野郎

"Do experience a little part of "old-old care" with your body, this guy!"

と、言われているようです。

It seems to be said that.

-----

『天の声が聞こえ続ける一年』で終わらなければいいな、と思っています。

I hope that it should not be over in "one year when I continue hearing a voice of God".


2016-01-01 少年:「私たちは、辛くないラーメンが食べたいんです」

以前、蒙古タンメン中本に、中国人一家、4人くらいが、来店していまして、店の中がちょっと騒然としていました。

Previously, a Chinese family visitors came to the ramen shop "Mouko-tanmen Nakamoto", and the shop became a little turbulent.

基本的には、「オーダーが取れない」とか「注文なしでカウンターに座ろうとしていた(家族とラーメンをシャアしようとしていたと思う)」ようで、店員さんが困っていました。

Basically, there seemed to be "communication problem" and "getting a seat without order". A sales-clerk of the shop seemed to be at a loss.

もちろん、私も中国語は全くだめです。

Of course I cannot speak Chinese at all.

そこで、ダメもとで英語で話しかけてみたところ、中学生くらいの少年が答えてきました。

I thought that there was nothing to lose, I talked to them in English. So the boy who looked like a high student, answered.

以前、中国の子ども達の英語力というか・・・「英語を使うことに躊躇がないマインド」に感動した、という話を書きました(英語力は、日本の子どもたちにも十分あります)。

Before, I wrote about the high English proficiency of Chinese boys and girls, and this time I also impressed with "the mind that it does not have a hesitation to speak English". (Japanese children also have the proficiency, however, they don't notice that)

今回もそれを思い知りました

I realized it this time.

-----

少年:「私たちは、辛くないラーメンが食べたいんです」

Boy:"We want to have the ramen which is hot"

江端:「・・・君達、事前調査がなっていないよ」

Ebata:"I am sorry but your preliminary survey is not enough"

次の彼らの課題は、日本のラーメンのバラエティ(多様性)を学習して貰うことだと思いました。

I think that their next target is to study the variety of Japanese ramens.


2017-01-01 ―― 紛れもなく、日記なんだが

昨年、自分のホームページの中を検索してくれる検索エンジン(Googleカスタム検索)を、ホームページのトップの右上の所に設置しました。

Last year, I installed Search engine (Google Custom Search) that searches through my homepage,in the top right corner of the homepage.

とても重宝しています。

It is very handy.

自分のコラムや日記の内容を直ぐに調べられるようになり、同じ内容を投稿することをチェックできるようになりましたし、古い日記の内容を、再利用しやすくなったからです。

I can quickly examine the contents of your column and diary, check my post of the same content, and make me easy to reuse the contents of the old diary.

-----

家族で、

In my family,

■深夜に娘を病院に担ぎ込み、

In late night I brought my daughter to the hospital,

かつ、

and,

■帰省の際にギックリ腰になった

I got stuck in the back when I was homecoming

ある年末のことを思い出そうとしていたのですが、思い出せずにいました。

we were trying to remember things at an end of the year, but I could not remember it.

しかし、この検索エンジンで、"ぎっくり腰" "年末" "病院"と入力するだけで、直ぐに、それを記載している日記を呼び出すことができました。

However, with this search engine, I was able to call the diary describing it immediately, Just entering "hurry" "year end" "hospital".

-----

My second daughter said,

「凄いね。ちゃんと記録されているなんて、日記みたいだね」

"It is amazing, it looks like a diary that it is being recorded properly"

と、次女が言いました。

―― 紛れもなく、日記なんだが

"Undoubtedly, it's a diary"


2018-01-01 『これで、どうやって、人を殺傷できるんだ?』

次女と実家に帰省しています。

I have returned my country house with my second daughter(SD).

先日、商店街を歩いていたところ、次女がある店に入っていきました。

As I was walking in the shopping street the other day, she entered a shop.

「かんざし屋」です。

It was "Kanzashi(hairpin)" shop.

次女は、あまり装飾品には興味がないようなのですが、「かんざし」は大好きなようです。

The second daughter seems to be not interested in decorative items much, but seems to love "Kanzashi".

-----

店内に入って、私がびっくりしたことは、

What surprised me when I entered the store,

―― かんざしの先端が、鉄製の鋭利な形状になっていない

"The tip of Kanzashi" is not iron sharp"

ということだったのです。

直径7mmくらいの棒状の先端は、きれいな半球状の形状でした。

The rod-shaped tip with a diameter of about 7 mm had a beautiful hemispherical shape.

『これで、どうやって、人を殺傷できるんだ?』

"How can we kill people by this device?"

-----

不思議に思った私は、次女とその件について話をしたのですが、どうにも話がかみあわないのです。

I wondered, and I talked about the matter with the second daughter, but we don't understand what we say.

江端:「あれでは、闇の中で悪人の首筋に刺し込んで、殺傷することができないじゃないか?」

Ebata: "In that shape, we can not kill a person who is bad guy with getting stabbed into the neck"

次女:「なんで、かんざしで、そんな物騒なことをしなければならないのか」

SD: "Why do we have to do such a noising with Kanzashi?"

江端:「かんざしって、装飾具の形状を装おった、凶器だろう?」

Ebata: "Kanzashi is a weapon that disguise as an accessory isn't it?"

次女:「かんざしには、髪を結う以外の目的はないよ」

SD:"There is no purpose other than tying hair"

-----

次女に、かんざしに関する詳しい話を聞いて、私は驚きました。

I was surprised to hear a detailed story on Kanzashi from my second daughter.

江端:「パパの世代の男性の半分は、パパと同じように思っていると思う」

Ebata: "I think that half of the men of my generation think the same"

次女:「何で、そんな危険な思い込みができるんだ」

SD: "Why can you have such a dangerous belief?"

江端:「昔、『必殺仕事人』という、テレビ番組があってな・・・」

Ebata: "There used to be a" Hissatsushi worker ", a TV program ..."


2019-01-01 ―― 「宇宙よりも遠い場所」と「シュタインズゲートゼロ」を全話視聴すること

次女にある便宜を図る為に、年末に命令を出しました。

I ordered at the end of the year to provide convenience to the second daughter.

―― 「宇宙よりも遠い場所」と「シュタインズゲートゼロ」を全話視聴すること

"Watch all the stories "far from the universe" and "Stein's Gate Zero"

と。

で、年末から、次女とメッセージのやりとりをしていました。

From the end of the year, I was exchanging messages with my second daughter.

-----

==========

12.31(MON)

==========

次女:「シュタインズ・ゲートゼロおっっもいねww」

Second daughter(SD): "Steins Gatezero is too heavy"

江端:「画像サイズの大きいファイルだからなぁ。居間のパソコンの使用を推奨」

Ebata: "Because they are big picture files, I recommend using a living room personal computer"

次女:「いや~内容が重い」

SD:"No. They are heavy stories"

江端:「O.K.」

Ebata:"O.K."

========

1.1(Tue)

========

次女:「はあああああよかったわぁぁぁぁぁぁ」

SD:"Steins Gate Zero is really really supreme"

次女:「何だこのど名作は」

SD:"What is The best masterpiece!"

江端:「まいったか」

Ebata:"Were you deprived of your heart?"

次女:「まいったわ」

SD:"I was deprived of my heart"

-----

因みに、嫁さんからは、

By the way, my wife complained to me.

『父親が娘に出す命令が、何でアニメの視聴なの?』

"Why is the order the father gives to his daughter is anime viewing? "

『勉強の命令を出してよ』

"Send an order to study"

と言われました。

―― もっともな話だ、と思いました。

I thought "my wife was reasonable"


2020-01-01 不愉快な元旦の夜でした。

Go言語を使ったWebSocketを使って、クライアント間のイベントを検知した時に映像を切り替える ――

Using WebSocket using Go language, switch video when detecting event between clients

という処理のコーディングを、実家で、31日からずっとやっている内に、新年を向かえてしまいました。

A new years day came while doing coding about the above process.

元旦の初夢は、scriptタグの中に記載するコードについての検討でした。

My first dream on New Year's Day was studying the code to put in the script tag.

不愉快な元旦の夜でした。

It was an unpleasant New Year's night.

なんとなく、今年の方向性は決まったような気がしています ―― 多分去年と同じく、ドタバタしながら続き、そして終わると思います。

Somehow, I feel like this year's direction has been decided. Perhaps, like last year, this year will continue to move and will end.

-----

先程、不細工ながら、プログラムの稼動を確認して、ようやくホッとして、テレビを付けたら、

Earlier, I completed the program though it was crude. Finally, at ease, when I turned on the TV, whose title is

―― 本能寺の変サミット2020

"Honnō-ji Incident Summit 2020"

をやっていました。

残り30分しか見れませんでしたが、面白しろかったです。

I could see only 30 minutes left, but it was fun.

特に「四国説」というのは、非常に説得力のある説だと思いました。

In particular, I thought the Shikoku theory was a very interesting theory.

----

最後に司会である、爆笑問題の太田さんの総括が、実に的確で笑いました。

Lastly, the moderator, Ota-san, summed up, and It was really accurate and I enjoyed.

―― うん、「怨恨説」は、ないな

"Yeah, there is no "grudge theory""

私が思っていることを纏めて貰った、という気持になりました。

I felt that he summarized what I am thinking.


2021-01-01 『計算とシステム評価から、敬愛に至る』

先程、YouTubeで、

On YouTube, I watched,

"What is Queen Elizabeth's hostage? What does the Queen say about Brexit?"

を見ました。

一言で言えば、

It was, in short,

―― 王家と議会の敵対関係

"Hostility between the Royal Family and Parliament"

の、何百年間もの歴史を経た「様式美」あるいは「テンプレート化」というものでした。

the "stylized beauty" or "templating" that had been going on for hundreds of years.

とても、面白かったです。

It was very, very interesting.

-----

私、最近、家族や他の人々の忠告『皇室のことには触れるな』と言われているにも関わらず、結構、天皇陛下や天皇制について書いています。

Recently, I have been writing quite a bit about His Majesty the Emperor and the Emperor System, despite the fact that my family and other people have told me not to mention the Imperial Family.

それは、「天皇陛下の激務を、数値によって定量化して見せる」とか、「天皇制をシステム論から評価する」という内容です。

They are about "quantifying and showing the Emperor's strenuous work through numbers" or "evaluating the emperor system from a systems perspective.

特に、こっちのコラムについて、私は、

In particular, about this column, I had prepared a title

"The emperor system is a blockchain"

という題目を提案していたくらいです。

でまあ、これらのコラムの下書き(ドラフト)を読んだ、家族や他の人々の意見や所感を一言で纏めると、

So, in a nutshell, here are the opinions and impressions of my family and others who have read the drafts of these columns

―― 敬意がない

"Lack of respect"

ということになるようです。

-----

しかし、私、この「数値化」や「システム評価」という観点から、

However, from the perspective of this "quantification" and "system evaluation".

―― 人生でこれ以上もないくらい、皇室や天皇制について大量に勉強し、その意義を深く理解することができた

"For the first time in my life, I was able to study a large amount about the imperial family and the emperor system and deeply understand its significance"

と、思っています。

そして、本日、

And today, I have been listening to

"The Emperor's New Year Video Message"

を拝聴しております。

-----

実のところ、私は、家族や他の人々の言っていることを、理解できていると思っています。

As a matter of fact, I believe I understand what my family and other people are saying.

これは、

This is a criticism to me,

『江端、お前は、"愛"を計算しシステムとして評価しなければ、"愛"の存在を確認できないのか?』

"Ebata, can't you confirm the existence of love without calculating it and evaluating it as a system?"

という批判だと思います。

(我が国の皇室の場合は、"愛"というようりは、"敬愛"になると思います)

(In the case of the Imperial Family in Japan, I think the word is "respect" rather than "love".)

この批判、実に理に叶っていると思いますし、私は、その批判を受け入れることができます。

I think this criticism makes a lot of sense, and I can accept it.

-----

ただ、私のティーンエイジャから大学在学中、大半の人にとっては、あまり経験できない日々、

However, my days as a teenager and in college were not very relevant to most people.

like this one,

or this one.

を経てきました。

このこと自体は、幸運なことだったと思っています。

I think that this in itself was a blessing for me.

ただ、日本人の多くが、呼吸をするように自然に獲得してきた"敬愛"を、私が、"後発的"に受け入れるようになることは、とても難しいことだったのです。

However, it was very difficult for me to come to accept the "respect" that most Japanese people have naturally acquired like their breathing.

-----

『計算とシステム評価から、敬愛に至る』

"From Computation and System Evaluation to Respect.

こんな人間は、少数派 ―― というか、「私以外には誰もいないんじゃないかな」と思っていました。

I thought that people like this were in the minority -- or rather, I thought, "There is no one else but me.

しかし、冒頭の「エリザベス女王の人質とは? 女王が語るブレグジットは?」を視聴しているうちに、『案外、そうでもないかもしれない』と思い始めています。

However, watching the "What is Queen Elizabeth's hostage? What does the Queen say about Brexit?" at the beginning, I'm beginning to think, "Maybe not so much.

-----

私の想いは、"多くの人"には届かないかもしれないけど、私と同じ思考形態をしている人には届くのかもしれません。

My thoughts may not reach "many people," but they may reach those who think the same way I do.

私自身は、「その中の一人が、私である」ということで良い、と思っています。

I myself think it is safe to say that I am one of them.

むしろ「その中の一人」を自覚して、今年もコラムを書きまくろうと思っています。

Rather, I am aware that I am "one of them," and I am going to write a lot of columns this year too.

今年もよろしくお願い致します。

Happy New Year to you all.