0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2009-11-02 斜め台

斜度のついた台座が必要となりました。

コストは数百円レベルで、実用的、製造時間10分程度、という制約条件を課したのですが、3日間くらいずっと考えていました。

で、ようやく写真の形態に至ったのですが、この程度の物を発案するのに、3日かかった事実に唖然としています。

「王禅寺の特許製造マシン」も、そろそろリタイアの時期かもしれません。

http://www.kobore.net/boubi/HI3A0159.JPG


2013-11-02 SAIを使ったイラスト作成に挑戦してみました

本日は、生れて始めて、SAIを使ったイラスト作成に挑戦してみました。

娘たちも忙しくなってきており、これからは安定して仕事(イラスト)を頼めないかもしれないと思ったからです。

長女の方は、コラムを読んでコンセプトから自分で作れるようになってきましたが、次女の方が、コラムの内容としては難しく(原発やら、安全はら、著作権やら、合計特殊出生率やら)、とても小学生の子どもが読み取れる内容ではありません。

となると、絵のイメージを伝えなければならず、非常に時間がかかり、双方にストレスがかかる作業になっていました。

-----

本日の午後いっぱいかけて、作成を完了しました。

自分としては、「まあまあ」のものが作れたかな、と思っております。

そのイラストには価値があるのか、と言われると甚だしく疑わしいのですが、まあ、イラストというのは「ない」よりは「ある」方がいいですからね。

手順書を残しておきましたので、興味のある方はご一読下さい。

-----

ちなみに長女に見せたら、一言、

『怖い』

と言われました。

そうかなぁ、と思いながら、嫁さんにも見せに行きました。

間髪入れずに、

『怖い』

と言われました。

人柄というのは、文章だけでなく、イラストにも表われるようです。


2014-11-02 先程まで、長女と「魂は存在するか」について議論していました。

先程まで、長女と「魂は存在するか」について議論していました。

Until a while ago, I argued whether "the soul existed" with the eldest daughter.

なんでも「人が死ぬのが、とても恐ろしい」のだそうで、私にも、ティーンの頃に、そういうことで悩んだ記憶があります。

She told me that she feel fear with die of human. I remember that I was troubled with such a thing in the days of teen.

私は、極めて優しく、分かりやすく、持論を展開したのですが、

Though I told her my opinions clearly extremely and kindly,

『パパに論破されて、ガラスの十代の心は傷付いた。だから、寝る』

She came back to her room, with leaving the phase

と言い残して、部屋に戻っていきました。

"My teen's glass heart was broken by your logical stories. Therefore I go to sleep"

-----

私は、

I said that

■魂はあるのかもしれないし、ないのかもしれない。それは分からないけど「魂はない」と考える方が、理屈はすっきり通るよ。

"There may be soul, and there may not be it. I don't know the fact. If you think "there is no soul", you could understand this world clearly."

■神様はいるのかもしれないし、いないのかもしれない。それは分からないけど「神様はいない」と考える方が、理屈はすっきり通るよ。

"There may be god, and there may not be it. I don't know the fact. If you think "there is no god", you could understand this world clearly."

という話を、淡々と論理的に展開しただけなのですけどね。

What I just did was to tell her the above stories logically and plainly.


2015-11-02 「友人」どころか、「夫婦」や「家族」も、変化し続けるもので、そして、それで良いのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

あらゆる物事が、時間とともに壊れていくことは ―― 別段、「エントロピーの法則」を振りかざすまでもなく、自明のことです。

"Everything is going to corrupt" is natural, needless to talk "law of entropy"

この自明の物理法則を理解できない奴が、社会のヒエラルキーの上位(上司とか政治家とか)に来た日にゃ、そりゃ、もう、壮大な迷惑、社会悪といっても良いですよ。

When the persons who cannot understand this "law" become upper-class of hierarchy, this is an enormous annoying and tragedy in our society.

ちょっと話が飛躍しすぎているかもしれませんが、「夫婦別姓の法制度について、日本が国連から改善勧告を受けている」なんてことは、この連続線上にあると思っています。

Jump difficulty to the conclusion that the UN warns Japan to modify the law of "dual surnames". This is a sort of example of the above annoying.

「友人」どころか、「夫婦」や「家族」も、変化し続けるもので、そして、それで良いのです。

Not only "friend" but also "couple", "family" are going to change, and I think that will do.

-----

さて、一番最初に戻しまして ――

Going back to the top of this talk,

「友人至上主義」は、半分くらいでいいんです。

you might be half of friend-supremacist.

あと半分は、自分の為に使って下さい。

I hope you use the half for your life.

自分を幸せにできるのは、友人ではなく、あなた自身であり、

What you make happy is not your friend but yourself.

もっとはっきり言えば、

To make clear,

―― あなた以外の誰も、あなたを幸せにできない

Nobody except for you , can make you happy.

もっとはっきり言えば、

To tell you the truth,

―― あなた以外の誰も、あなたの幸せなんぞに髪の毛ほどの興味もない

Nobody except for you , is not interested in your happy at all.

という、氷のように冷たい現実を受けいれると、

If you could accept this cold reality as ice,

びっくりするくらい、毎日が楽しく・・・は、分からないけど、楽(ラク)にはなります。

I don't guarantee that you can enjoy your life, but I can guarantee that your life becomes easier.

保証します。


2016-11-02 「当然、最後まで闘うよ」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、この測定機器のスペックを知りませんが、

I don't know the detailed specifications of this optometer, however,

■「円弧の一部が欠けた形状」が表われた瞬間、迷いなく、即座に、力強くスティックを操作する

- I manipulate the stick strongly like a flash without hesitation or anxiety, at the moment of appearance of the arc.

そして、その判断が間違った場合、同じサイズの形状が再度登場してくるので、その時は、

and if I get the direction wrong, the same size of arc is coming soon,

■前回と同じように見えれば別の方向を選ぶ、または、違うように見えれば同じ方向を選ぶ

- I select one of the other directions if I look like same shape, or I select the same direction if I look like different shape.

とかの対応を行うことで、2回目、3回目のリトライの正答率を、上げていくことができるようです(但し、証拠なし)。

The more I try the above procedures, the higher the odds will becomes (no evidence).

これは、ベイズ推定の成果として語られる、「沈没潜水艦探索事件」と同じアプローチでです(探索が外れた情報を、次の探索確率に反映する「ベイズ改訂」)。

This is the same approach of "downed submarine searching problem", which is famous for a merit of Bayes estimation ( the next estimation uses the wrong estimation before)

私は、この私の編み出した手法を、

I want to name this method that I came up with,

『ベイズ視力検査法』

"Bayes eyesight test method"

と命名したいと思います。

そして、これを、「モンティー・ホール問題」とならぶ、「江端偽視力問題」という名前で、世に広めたいと思っておりますので、ご協力の程、よろしくお願い致します。

In addition, I want spread this method in the world, that name will be "Ebata pseudo eyesight problem", like "Monty Hole problem". I hope I need your help earnestly.

-----

ちなみに、嫁さんに、「もし、円弧が見えなくなったら、正直に『見えません』のボタンを押す?」と尋ねてみたところ、

By the way, I asked my wife "If you cannot watch the arc, could you push the "unknown" button?" and she said rapidly,

「そんなこと、するわけないよ」

"No way. It is kidding"

と断言しました。

「当然、最後まで闘うよ」

"Of course, I will fight to the end."

と。


2017-11-02 ダイエットのリーサルウエポン(最終兵器)

私のダイエット論は、単純なエネルギー保存法則に基づく

My diet theory is based on a simple law of conservation of energy.

"Don't eat, and lose weight"

というものです。

ただ、これを言うと、家族から、「それが『できない』から難しいんじゃないか!」と、かなり責められます。

When I said this, however, I was blamed from my family, saying,

"We can not do it!" It is quite difficult!!"

加えて、風呂上がりの私の体型が「気持ち悪い」だの「不健康そう」だのと、ダイエットハラスメントを受けています

―― ほっといてくれ。

In addition, I am on a diet harassment from them, saying "bad","unhealthy" While watching my body shape of the bath ---- please leave me alone.

-----

今回のダイエットの、一つの特徴を上げるとすれば、

To pick up one point of my this diet operation,

燃えよ唐辛子」というスナックの登場です。

it is the appearance of a snack called "Burning Chilli Pepper".

これは、空腹感を一気に消滅させる、ローカロリーの激辛スナックです。

This is a low-calorie spicy snack that takes away the appetite, and

これ、今の私にとって、ダイエットのリーサルウエポン(最終兵器)です。

a diet Lethal Weapon (final weapon) for me.

ただ、「北極ラーメン」の「辛さ2倍」をデフォルトとしている ―― 私のような ―― 過激な辛党以外の人には、

However, only the person who like absolutely "spicy", for example "spicy twice" of "Hokkyoku Ramen" as a default ramen, like me,

「使えないカード」である、というやっかいな特徴があります。

can use this weapon, so it is a nuisance snack for many people.


2018-11-02 ―― 私は彼らの「無能」を許さない。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

最近、「経団連の会長の部屋にパソコンが入ったということが、ニュースになった」という事実に驚いています。

Recently I was surprised to hear that " a PC is installed in the room of chairman of the Federation of Economic Organizations" was in the news

問題は「ニュースになった」というところです。

Please make sure that the point is "was in the news".

私は、経団連の会長であれ、どこかの社長であれ、彼らの仕事が、

I have been thinking with good intent considerably that the works of a chairman of the Federation of Economic Organizations, or a president of a company, should be

『ITレベルで取り扱うのが困難な、高度に抽象的で観念的な世界の問題を取り扱っているんだろう』

"highly abstract and supersensual issues that are difficult only to use IT technologies"

と、(かなり善意に)解釈していました。

正直、私には、そのような「坂の上のクラウド」のような人の考えを理解できていないという自覚もありますし、理解したいという気持ちもありません。

To tell you the truth, I have little awareness of the feeling about persons who live in the cloud at the top of a hill. In addition, I don't want to understand the feeling at all.

ともあれ、「彼らは意図的にITを使わないで業務をしている」と善意解釈をしていたのです。

Anyway, I have had a well-meaning understanding that "they try to work without IT on purpose".

しかし、今回のニュースで、必ずしもそういう話ではないようだ、ということが分かってきました。

However, after knowing this news, I come to know that it is just my misunderstanding.

-----

ちゃんと裏が取れていない現時点で、拙速に結論に至るのは危険ですが ――

Of course, speed-before-quality is in danger because I don't do some back research, however,

万が一、『彼ら(社長等)が、能力不足や努力欠如でITを使えない』というのが真実であれば、

if "they cannot use IT technologies because of lack of their abilities or absence of their efforts" were to true

―― 私は彼らの「無能」を許さない。

"I never forgive their incompetence"

一般の人ならともかく、腐っても「社長」と呼ばれる人間は、人を従えて率いていくことが職務です。

They are not ordinary people but sort of so-called "president". And their work makes company members obey, as a leader.

目的を達成する為に、社員に対して最良の労働環境を提供すべく、最大限の努力と勉強とをするべき責務を、義務として負う者です。

In order to accomplish their purpose, they should accept responsibility to provide the members with best work environments, and keep studying and making efforts indefinitely.

私は、そのような者たちに『甘えるな!』と怒鳴りつけることができます。

I always can give them a severe scolding with saying "Don't bullshit"

なにより、「パソコン程度の機械」を使え熟せないような社長ごときに仕えるのは、はっきり言って、苦痛ですし、不快です。

Moreover, I feel pain and unpleasure to be obeyed by a person like a president of the company or a chairman of the board who cannot use even PC like so on


2019-11-02 青筋を立てて反対する委員会のジジイたちは、「将来の私」です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

いずれにしろ、見守りシステム ―― というか、監視システムは、常に、このように被観測者を不安や不快な気持ちにさせるものです。

In any case, the caring system, or rather, the monitoring system always makes the observer feel anxious and uncomfortable.

しかし、今や、ほとんどの駅が、ドライブレコーダが、繁華街が、カメラで監視されまくっていますし、Google Street Mapは自宅の外観を、世界に公開しています。

But now, most stations, drive recorders, and busy streets are being monitored by cameras, and Google Street Map exposes the appearance of your home to the world.

警察が、暴力事件の映像をマスコミに公開しても、もはや、「プライバシーうんぬん」を叫ぶ人はいなくなりました。

Even if the police released the video of the violence to the media, no one screamed “Privacy!" anymore.

公の場所のプライバシーは、もう絶滅を宣言しても良いレベルにあると思います。

I think that the privacy of public places is already at a level of "extinct".

The world has already been beyond George Orwell's "1984".

そういえば、私、20年ほど前、会社の年末の納会で、『目指せ!ポスト"1984"』という部内プレゼンで、爆笑を取っていました ―― が、

Speaking of the story, I said about 20 years ago, at the company's year-end party, I made a presentation whose title was "Go to post 1984" and took a laugh at that presentation, however,

目指すまでもなかったようです。

It seemed like I didn't have to aim.

-----

とは言え、まだ「個のプライバシー」は頑強です(当然ですが)。

However, "individual privacy" is still strong (of course).

しかし、多様な個(ジェンダーも含めて)が広がっていくことで、個のプライバシーも変化していくと思います。

However, as a variety of individuals (including gender) spread, the privacy of individuals will change.

そして、日々、ジジイ度が増していく私にとって、これらの個のプライバシーの変化を理解するのは、どんどん辛くなっていくことでしょう。

And for me as I get older every day, it will be harder for me to understand these changes in privacy.

-----

例えば ――

For example,

「信頼」と「監視」が対義語であるという、間違った考え方を持ち、

Keeping wrong thought that "trust" and "monitoring" are synonymous,

事務所から機材が無許可で「持ち去られ」、さらに悪いことに、誰にも知られず「元に戻された」ことを「信頼の崩壊」と認められず

For the fact of an equipment(note PC) was "taken away" unauthorized from the office, and to make matters worse, returned to its original location without anyone knowing, they couldn't certify that it was a "trust collapse".

その事実を冷静に受けいれられない思考回路。

They had thought circuit that cannot accept the fact calmly.

-----

私が無料の構築を申し出た「監視カメラシステム」一つごときに、

For "surveillance camera system" that I offered to build for free,

青筋を立てて反対する委員会のジジイたちは、

the older who turned purple with rage, are

「将来の私」です。

my future.

-----

今日の「常識」は、明日の「非常識」 ―― ITによって、この勢いはますます加速しています。

Today's "common sense" is tomorrow's "nonsense". IT is accelerating this momentum.

故に、

Therefore,

今日の「有用な私」は、明日の「不要な私」 であって、さらに、明後日は「邪魔な私」になる運命にあります。

Today's "useful me" is tomorrow's "unnecessary me". Furthermore, the day after tomorrow, I become "disturbing me".

理解できない常識や概念が登場してきたとき、

When common sense and concepts that I don't understand appear, I have to make me,

「青筋を立てて怒鳴りちらすジジイ」ではなく、

not "the older who turn purple with rage"

「大人しく黙って目をつむるジジイ」なることが重要で、そして ――

but "the older who shuts his/her eyes quietly".

その訓練は、今日から開始しよう、と思っています。

I think this is very important, and I will start to train that from today.


2020-11-02 江端:「ふむ、抱負か・・・『自分が自分の意識と体をコントロールできる時間内での、苦痛ゼロの死』―― この一択だな」

これは、先日の私の誕生日の、長女との会話です。

This is a conversation I had with my senior daughter on my birthday.

長女:「パパ。誕生日おめでとう。さて、誕生日に際して、今後の抱負を一言」

"Daddy. Happy birthday. Now, on the occasion of your birthday, what are your future aspirations?"

江端:「ふむ、抱負か・・・『自分が自分の意識と体をコントロールできる時間内での、苦痛ゼロの死』―― この一択だな」

"Hmm, an aspiration... 'Death with zero pain, in a time when I can control my own consciousness and body' - Just this one option"

-----

ちなみに、嫁さんも、私と同じこと言っています。

My wife also says the same thing.

Well, you all will understand when you eventually get on the care front.

ええ、介護者になろうが、被介護者になろうが ―― 全員、例外なく。

Yes, whether you become a caregivera or a care recipient, without exception.


2021-11-02 視力検査とは、「目」で見るのではありません。「心」で計算するものです。

昨日、人間ドックに行ってきました。

Yesterday, I went for a physical checkup.

I enjoy my own "ultra-precise weight management" as a hobby.

ですから、人間ドックの日には、目標体重と誤差0.1kg以下(つまり、メータスケールではドンピシャ)を出すことに、愉悦を感じるという、妙な性癖があります。

Therefore, on the day of my physical checkup, I have a strange habit of feeling pleasure in achieving my target weight with an error of less than 0.1kg (that is, right on the meter scale).

まあ、社会通念的には「良い性癖」だとは思うのですが ―― 『健康管理』というより、『健康"制御"』している感じですが。

Well, I guess it's a socially accepted "good habit". It's not so much "health management" as it is "health control".

当日は、病院までの発汗量まで計算して、備えていました。

On the day of the event, I had prepared to even calculate the amount of sweating I would have to do to get to the hospital.

-----

昨日は、これまで経験のない「午後スタートの人間ドック」でした。

Yesterday was the "afternoon start human health checkup" which I have never experienced before.

病院に到着してみたら、参加者は私一人だけでした。

When I arrived at the hospital, I was the only participant.

実質、待ち時間なしで、どんどん検査を行えたのはよかったのですが

It was good that we could do more and more tests with practically no waiting time, however,

―― 体重測定の順番の前に、バリウムを飲まされる

"They made me take a Valium before my turn to be weighed"

という、予想外のトラブルに見舞われました。

This was an unexpected trouble.

『なんてことをしてくれるんだ! これで、私の体重が300gは増えてしまうではないか!!』

"How dare you! This is going to add at least 300 grams to my weight!"

と ―― しかし、そんなんことで、「バリウム検査を、体重測定の後にしてくれ」と言えるほど、私も心臓は強くない方です。

I wanted to scream, but I don't have a strong enough heart to ask for a barium test after my weigh-in.

-----

結果として、+0.1kgという結果になりました。

The result was +0.1kg.

あのバリウムさえなければ、-0.2kgになっていたことを思えば、逆に目標値に近くなったとも言えますが ――

If it weren't for the Valium, I would have been -0.2kg, which was far to my goal.

今一つ、納得できません。

However, I am still not convinced.

来年からは、「巡回セールスマン問題」ならぬ、「巡回検査問題」も加えて、事前検討をしたいと思います。

From next year, I would like to add the "traveling check-up problem" like, "traveling salesman problem" for preliminary consideration.

-----

ちなみに、視力は、くだんの「江端式ベイズ推論予測」を使って両目とも"1.5"を叩き出しました。

By the way, I got 1.5 in both eyes using the "Ebata Bayesian Prediction".

ちなみに、私は裸眼では、パソコンの文字すら読めません ―― が、

By the way, I can't even read the words on my computer with my naked eyes -- but

視力検査とは、「目」で見るのではありません。「心」で計算するものです。

An eye test is not something you see with your eyes. "It's something you calculate with your mind.