0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-19 男性から女性への離婚請求の第9位に「DV」がランクイン

最近、「結婚を計算する」をテーマに連載の執筆をしています。

Recently, I am writing a column whose theme is "calculation of marriage".

今回、人類未到、荒唐無稽な、無茶な計算に挑んでいますが、その計算を行う為に、離婚の原因の数値を調べています。

Now I am trying to calculate something of first and probably the last and illusion-promoting, and investigate many divorcement data.

法務省のデータを読んでいたのですが、離婚の理由の順位が、私の認識とはずいぶん違うことがわかりました。

When I read the data in Justice Ministry, I noticed that the rotation of the divorcement reasons differ somewhat from mine.

DV(ドメスティックバイオレンス)は、離婚理由としては、トップではありませんでした。

For example, DV(Domestic Violence) is not the top of them.

それより、私が驚いたのは、男性側からの離婚裁判の請求理由に「DV」が4.6%もあったことです(女性は13.5%)。9位にランクインしています。

Above all, what I was really surprised is that “DV” was 4.6% from the male side. (13.5% from the female side). It was ranked in the 9th.

-----

違うか。 That's not the case isn't?

これは「妻から夫への暴力」ではなく、「妻から子どもへの暴力(虐待)」の意味かもしれません。

This might mean the violence not “from wives to husbands” but “from wives to children”

しかし、一定の確率で「妻の暴力に耐えられない」という男性がいても、決して不思議な話ではありません。

But it is natural if there are some husbands who feel intolerable burden from their wives

女性が強くなった --- というよりは、男性が弱くなった(草食化、絶食化)しているというお話も聞いていますし。

I heard that men become weaker and weaker (plant-eating, ambrosia) recently, not women become stronger.


2014-11-19 私も ―― ウクレレで歌を歌う健さんの映画 ―― の夢を叶えて上げたかったと思います。

俳優の高倉健さんの思い出と言えば、

I remember well the interview of Takakura Ken-san, a famous actor in Japan,

「南極物語のロケで、氷点下のテントの中で、『どうして、俺はこんな辛い仕事しか来ないんだろう』と思っていました」

"When I was in the Antarctic for the filming of "the Antarctic story", I thought that why such a painful offer is coming for me, in the minus tent."

というインタビューを覚えています。

「俺だって、南の島でヨットに乗りながら、アロハシャツを着て、ウクレレで歌を歌うような映画に出たいですよ」(加山雄三さんのことを言っていたのだろう)

"Even though I am, I want to appear on the screen, yachting in the southern island, getting on aloha shirt and singing a song with the ukulele."(Like Kayama Yuzou-san)

とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

These phrases left a very impression on me.

私も ―― ウクレレで歌を歌う健さんの映画 ―― の夢を叶えて上げたかったと思います。

If possible I want to make his dream come true of "The movie that he enjoys singing alone"

-----

高倉健さんのご逝去の報に接し、心からのお悔やみと、御冥福をお祈り申し上げます。

At a report of the death of Takakura Ken-san, I pray its soul may rest in peace with sincere and deepest sympathy.


2015-11-19 自惚れるものではありません。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もちろん、こんな方法が、本当に実現されることになれば、誰もが萎縮して、スピーチなど引き受けなくなるでしょう。

Of course, if these methods can be realized, everyone hesitate to accept a speech in private party.

それは、私の本意ではありません。

It is not my intention.

だから、スピーチは、下手な趣向を行わずに、素直にお祝いの言葉だけを言えば良いのです。

So we avoid recherche something, and make a congratulatory speech frankly.

■話題は1つだけに集中(いくつもの話題がしゃべれるなどと思わない)

- Take one topic by one speech ( Don't estimate your ability too much)

■最大2分(最初に時間を宣言するとなお良い)

- Maximum 2 min. ( It is better to declare the time at first)

■慣れない「ウケ」を狙わない(スベると恥をかく)

- Don't be ham ( or lose your face)

■完結に話す(奇をてらあわない)

- Speak compactly ( Don't make a display of your eccentricity )

これで十分です。

It is enough.

どうせ、あなたのスピーチなど、誰も聞いちゃいないし、何も期待してはいないのです。

Anyway, Nobody is interested in your speech, and expects you.

自惚れるものではありません。

Don't admire yourself more than your capability.

-----

スピーチの最終理想形態は、銀河英雄伝説の、ヤン提督の乾杯の挨拶、いわゆる、「2秒スピーチ」です。

It all comes down to the fact that,

the ideal speech is "Speech in two seconds" of Admiral Yan in "The story of heros in galaxy"

「みなさん、楽しくやってください」

"Please enjoy yourself."

これに尽きます。


2016-11-19 ―― 私の気に入ったコーヒーが、自動販売機から消えていく

最近、なるべく甘味の飲料水を飲まないようにしています。

Recently, I am likely to avoid drinking sweet taste soft drink can.

最初のうちは、なかなか辛かったのですが、慣れてくるとそれほどでもなくなりました。

In the beginning I felt hard for me, however, I get used it sooner rather than later.

そうなると、缶コーヒー(いわゆるブラック)が主流になってくるのですが、なかなか好みの味に巡り会えません。

So, I buy "gray coffee" mainly, but it is almost impossible to meet my favorite one.

缶コーヒーは、私にとっては、結構「痛い」支出なので、美味しいものを選びたいのですが、どういう訳か、

In my case, the price of the can coffee is relatively expensive for me, So I wan to choose the best for me.

―― 私の気に入ったコーヒーが、自動販売機から消えていく

"fading my favorite coffee from a vending machine"

ということが結構な頻度で起こります。

This accidents happen considerably.

よく分からないのですが、私が好きになる缶コーヒーは、多くの人の好みと逆相関の関係にあるのかなぁ、と悲しく思っています。

I don't know, however, I am afraid that the relationship among favorableness of mine and others might be opposite.

同じようなことは、缶コーヒーだけでなく、缶ビール、おつまみなどでも発生しているようです。

I am also sorry that it happened for not only "coffee" but also "beer" "appetizer".

まあ、単に「残念な気持ち」は記憶に残りやすい、だけかもしれませんが。

The reason might be simple, that regrettable memory is just unforgettable.


2017-11-19 「私たちには『甘え力』がない」

先日、長女と次女が、口を合わせて

The other day the eldest daughter and the second daughter(SD) together , said

「私たちには『甘え力』がない」

"We do not have "courtly power""

と言っていました。

そして、その原因の一端は、父親である私の教育方針にもある、と言われました。

And I was told that a part of the cause is also in my educational policy in my family.

-----

江端:「『甘え力』って何?」

Ebata:"What is "courtly power"?"

次女:「辞書では、『甘える』とは『他人の好意や親切を期待して振る舞うこと』となっているね」

SD:""In a dictionary,"courtly" is "to behave in expectation of others' kindness or kindness"

江端:「じゃあ、その『振る舞い』をすればいいんじゃないの」

Ebata:"You do the "behaviour" don't you?"

次女:「いや、パパの場合、そんな『振る舞い』しても、全く効果ないじゃんか」

SD:"However, in your case, there is no effect, even if we behave that"

江端:「そうか?」

Ebata:"So?"

次女:「世間には、娘に対して『何か欲しいものはないのか?』って尋ねる父親からがいるらしいよ」

SD:"In the world, I heard that there is a father who asked his daughter "What do you want?""

江端:「世間には奇特な父親がいるんだなぁ。私の場合、そんなこと、天変地異が起ころうとも絶対にない」

Ebata: "A strange father in the world is. In my case, I absolutely will not do such things even if a natural disaster occurs"

次女:「知ってる」

SD:"I know it well"

江端:「『欲しいモノは、自力で掴み取れ』が、江端家家長の方針だ」

Ebata:"My policy as a a head of the Ebata family, is "Grab things you want, on your own"

-----

次女:「で、我が家には『甘え力』を発揮する機会がない、という訳」

SD: "So, at my home there is no opportunity to demonstrate of "courtly"

江端:「ま、早々に恋人でも作って『甘え力』のトレーニングでもするんだな」

Ebata:""Well, you make a lover soon and do it for training "courtly power"


2018-11-19 『それ、一理あるよなぁ』と、私も思っていました。

太平洋戦争後、日本を占領統治していた連合国軍最高司令官総司令部、通称"GHQ"が、日本の公用言語を「英語」に変更する計画を立案していたことは、結構、よく知られています。

It is quite well known that the General Headquarters, the Supreme Commander for the Allied Powers (GHQ) was planning to change the official language of Japan to "English".

―― という話を、次女にしたところ、

When I told the story to be the second daughter, she shouted,

次女:「何やってんだよGHQ! がんばれよ! どうして『英語』の公用化を諦めたんだよ!」

"What were you doing GHQ! Why not did your best? Why did you give up on" publicizing "English?"

と、叫んでいました。

-----

「あのな、言語というのは、民族を規定する重要な文化の一形態であってだな、母国語を放棄することとは・・・」と、正論を語りながらも ――

"Listen to me. A language is a form of important culture that regulates ethnic groups. Even if we abandon my mother tongue ..."

While telling the justice,

『それ、一理あるよなぁ』と、私も思っていました。

I also thought that "she is reasonable".


2019-11-19 とりあえず、仮想的な自殺 ―― 「逃亡」「失踪」を試みましょう。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ゆっくり休息を取ることができて、十分な思考ができる状態であって、(加えて、システムについて全く無知であれば)、「飛び込む」ことが、ナンセンスであるのは判ります。

Anyone can understand that "dive" is nonsense, even if we can take a rest slowly, think a lot (In addition, (and you are totally ignorant about the system).

時間さえあれば、今後の対策、対応について考えることもできますし、トラブルを改修する為の、最適かつ最短の方法を思いつくことができるかもしれません。

If you have time, you can think about future measures, correspondence, and come up with the best and shortest way to fix a problem.

そもそも、ラズパイのカーネルパニックの責任は、誰にあるか?

To begin with, who is responsible for the Raspberry PI's kernel panic?

カーネルパニックの責任は、ラズパイ(のハードウェアか、あるいはOSか、その他ソフトウェア)にあるに決まっています。

The responsibility for kernel panic is for Raspberry PI (hardware, OS, or other software).

だから、特定の人間だけが責められるのは、理不尽と言えます。

So it is unreasonable that only certain people are blamed.

しかし、現実には、この世の中は、「その問題の一番近くに立っていた人間が責められる」ということになっています。

However, in reality, the world is supposed to blame the person who stood closest to the problem.

-----

「飛び込み」が、これらの面倒なプロセスを一気にふっとばして、関係者全員を沈黙させる方法であるなら、これは、論理的にも、合理的な解決方法であり、

If "dive" can skip these troublesome problems, and shut the mouth of all concerned in it, it is an reasonable solution, and

―― その選択肢を選ぶ人を、少なくとも私だけは非難しない

"At least, I don't blame the person who choose the solution"

つもりです。

少くとも、私の通勤や出張を妨げない範囲であれば、私は「同情」することができます。

As long as the "dive" is not my obstacles of commutes or business trips, I can feel pity for the person.

-----

ただ、このような場合でも、「自殺」は、"No return to your life"という意味でよろしくありません。

However even if it is the case, I think that "suicide" is not choice because it is "No return to your life".

とりあえず、仮想的な自殺 ―― 「逃亡」「失踪」を試みましょう。

For the moment, let try "escape" or "disappearance" as a "virtual suicide"

先ずは、スマホの電源を切って、さらにSIMカードを抜いて、どっかのホテルに逃げ込んで、安定剤、睡眠薬、アルコールを併用して、12時間くらいぶっつづけで寝ましょう。

Above all, turn of your smart-phone and pull SIM card out. Take to a hotel somewhere, and drink and take sleeping pill or stabilizer. Keep sleeping for twelve hours at least.

それで自体が良くなる保証はありませんが ―― 少くとも、自殺は、「逃亡」「失踪」の後、十分な時間経過後(例えば、7日後)にも、実施可能です。

Of course, there is no guarantee to return to normal. However I can say, you can kill yourself after "escape" or "disappearance", For example after 7 days.


2020-11-19 でも、これが、明日、動かすと、全く動かなかったりするんだよなぁ。

https、全フェーズで動いたーーーーーーーー!

All functions of https are working!!

docker-compose.yml書き直してぇー

I rewrote docker-compose.yml,

nignx.confを追加してぇー

I added a description to nignx.conf,

パック化されたJavaScriptを、目視で書き換えしてぇー

I modified packed JavaScript by sight,

それでも動かなくて、悩みまくった主原因が「ブラウザに残っていたキャシュ」だったという、情けないオチであったとしても ―― とにかく

It had not worked, and finally I noticed that the main cause of the trouble was the "cache left in the browser". To tell you the truth, it was shameful. However anyway

動いたーーー!

It is working now!

-----

うん、docker-compose buildからDB構築までの一連の処理を、100回は繰り返したと思うぞ。

Yeah, I think I've gone through the whole process from docker-compose build to DB build at least 100 times.

LinuxとWindows10でのdockerコマンドの記載の違いも、体で理解しちゃたぞー

I understand the difference between Linux and Windows 10 docker command description, from the bottom of my heart.

-----

でも、これが、明日、動かすと、全く動かなかったりするんだよなぁ。

However, I also know that it will not work tomorrow.

ソフトウェアって、そういうことやって、開発者/改造者の心を抉(えぐ)っていくものです。

Software hurt the developer/moddererator's heart in the way.

だから、今は ―― 50%くらいのテンションで抑えておこう

So, for now -- let's keep it at about 50 percent intensity.


2021-11-19 少なくとも私は、『札束』に対して、追従、忖度、甘受、従順、唯唯諾諾、土下座することに、1mmも抵抗はありません。

『アンガーコントロール』というのは、私には難しい ―― という話は、これまでに何度もしてきました。

I've often said that "anger control" is difficult for me.

『怒りが発生したら、6秒待て』と良く書かれていますが、私の怒りは、その程度のライフタイムではありません。

It is often said, "When anger arises, wait six seconds," but my anger does not have that kind of lifetime.

私の場合、6日、60日は、怒りが軽く維持しますし、へたすると6年間以上、維持し続けることがあります。

In my case, my anger stays light for six or sixty days, and sometimes for six years or more.

私は、一瞬で「カーッ」となるような怒りは少ないです。

I have very little anger that can boil over in an instant.

ネチっこくて、ダラダラと長く、かつ、自分のロジックで、怒りを連鎖反応させて、臨界に達するような、たちの悪い怒り方をします。

In my case, I have a nasty anger that is persistent, lingering and long, and using my own logic, I can set off a chain reaction of anger that reaches critical mass.

まあ、はっきり言って、『私って、かなり最低』という自覚はあります。

Well, to put it bluntly, I'm aware that 'I'm pretty much the worst.

しかし、だからといって、自分の『自己肯定感』が揺らぐ、ということはありません。

However, this does not mean that my "self-esteem" will be shaken.

むしろ『他者否定感』を増大させます。

Rather, it increases the sense of denial of others.

つまり

It means,

―― 私は悪くない。世界が悪い

"It is not my fault but the world's fault"

です。

-----

私、メールの文面で、簡単に「カチン」と感じてしまう方です。

I'm the kind of person who gets easily "offended" by the text of an email.

That's why I even put out this warning.

とは言え、こんな注意書きに効果があるのは、利害関係にない人間だけです。

However, the only people who would benefit from such a warning are disinterested parties.

仕事においては、こんなことは日常茶飯事で、目くじらを立てていては、仕事になりません。

In my work, this kind of thing happens every day, and I can't do my job if I'm upset about it.

なぜなら、仕事とは、縦横無尽の面倒くさいリンクが張り巡らされたネットワークで成立しているからです。

This is because work is made up of a network of inexhaustible and tedious links.

その優位性は、仕事の内容で簡単にひっくり返ります。

That advantage can easily be turned upside down by the nature of the work.

具体的には、「動かせる"金"を、誰が持っているかどうか」で決まります。

Specifically, it depends on who has the "money" to make the move.

どんなに不愉快な奴でも、それが、いつか、自分にとっての"金主"になることがあります ―― 歳を取れば、こんなことは、日常的に、普通に、当たり前にあることが分かります(本当)。

No matter how unpleasant a person may be, he or she may one day become a "gold master" for you. As you get older, you realize that this is a normal, everyday thing.

-----

ですので、私の『アンガーマネージメント』は、腹が立った相手の顔を『札束』に見たてることです。

So, my "anger management" is to look at the face of the person I am angry with as a wad of cash.

私たちが相手にしているモノは、『人間』ではありません。

The thing we are dealing with is not a "human being".

あれは『札束』がしゃべっているのです。

The wad of cash is talking.

少なくとも私は、『札束』に対して、追従、忖度、甘受、従順、唯唯諾諾、土下座することに、1mmも抵抗はありません。

At least I don't have the slightest qualms about following, discerning, accepting, obeying, acquiescing, and getting down on my knees to "the wad of cash"